ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フグと豚レバー どちらが死ぬ確率高いかのデータと医師見解

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 牛の生レバーに続いて、豚の生レバーの飲食店での提供も今年6月から禁止され、悔しい思いをしている生レバーファンは多い。

 しかし、食品衛生の専門家らは、豚の生レバーを食べるなんてありえないと口をそろえる。昔から「当たったら死ぬ食べ物」の代表はふぐだが、豚の生レバーとふぐでは、どちらが死ぬ確率が高いか。

 豚の生レバーが危険なのは、E型肝炎ウイルスに感染して死ぬ可能性があるからだが、実は死ぬ確率までははっきりしていない。原土井病院の酒井健司医師が試算のために、次の数字をあげる。

「市販の豚レバーの1.9%がE型肝炎ウイルス陽性だったという調査結果があります。新鮮かどうかは関係ありません。それを食べた場合の感染率ははっきりしないが、集団発生の例があるのでかなり高いはず。

 しかし、感染しても発症しないこともあり、WHO(世界保健機関)の調査では発症率は15%ほどで、発症者の死亡率は0.5~4%です」

 そこで編集部で試算してみた。ウイルス感染率を50%、日本は先進国なので発症者の死亡率を最低の0.5%と仮定すると、10万人が豚の生レバーを食べた場合、E型肝炎を発症するのは142人で、そのうち、死亡するのは0.71人となる。

 決して高い数字ではないが、豚の生レバー食を放置していれば、いつか必ず食中毒事件が起き、死者も出たかもしれない。

 一方のふぐ。ふぐの内臓に含まれるテトロドトキシンという神経毒は、青酸カリの1000倍以上の毒性がある。2002年から2011年までの10年間で、ふぐの食中毒患者は全国で454人で、そのうち死者は21人。年平均で45人がふぐに当たり、2.1人が死んでいる。

 豚の生レバーの数字と比較するには、「食べた人10万人あたりの死者数」を出す必要があるが、日本のふぐ食人口が調べても出てこない。

 判明したのはふぐの出荷量で、平成23年で6286トン。そこで、概算になるが、内臓の処理分や破棄分を除外し、このうち2割が人の胃袋に入るとし、1食分を200グラムと仮定すると、年に約630万人分と算出された。死者数は年に2.1人なので、10万人あたりの死者数は0.033人となる。

「家庭で調理するのではなく、ふぐの調理免許を持つ人がいる飲食店で食べる限り、ふぐのほうが安全といえるでしょう」(酒井医師)

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
長嶋茂雄が大好きだった鍋は6000円のフグチリ 月2~3回食す
豚レバー生食などで感染するHEV 潜伏長く忘れたころに発症
生ビール生レバ大好き男 弟の避妊失敗で生の危険性再認識

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP