ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なでしこ澤穂希選手が結婚!過去には「恋人よりサッカー」だったことも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

FIFA Ballon d'Or Gala 2014

昨日2015年8月11日、日本女子サッカーの第一人者、澤穂希選手が30代の一般男性との結婚を発表。所属するINAC神戸の公式HPには、入籍報告の直筆メッセージが掲載されている。

「いつもお世話になっている皆様へ    
突然ではありますが…この度、私、澤穂希は、2015年8月8日に30代の一般男性と入籍した事をご報告させていただきます。 
彼とは10年来の友人であり、昨年末からお付き合いをさせていただき、今年に入り結婚を意識するようになりました。    
私の良き理解者であり、何事にも一生懸命に全力で取り組む彼の責任感の強さに惹かれました。    
お相手は一般の方なので、顔写真や名前の公表は控えさせていただきますことを何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。    
これからもお互いを思いやり、支え合いながら二人で明るい家庭を築いていきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します」

同選手が日本女子サッカー界にもたらした偉大な功績は、いまさら振り返るまでもないだろう。今回は、「ピッチ外の澤穂希」に焦点を当てたい。

彼女が他の女子アスリートと違うのは、恋愛を比較的オープンにしていることだろう。思い返すと、米プロリーグに挑戦中の2001年には、年上のアメリカ人男性との恋の噂が世間を賑わせた。

報道によると、彼とは結婚を前提に付き合っていたようだ。同棲もしていたというから、本当に結婚は間近だったのかもしれない。

しかし、世間にその事実が知られた後でも恋愛に対してオープンであり続けた彼女。その姿勢は、女子アスリートにおいては少々特異なものに見えた。

その後、所属していたアトランタ・ビートが経営難による活動休止を発表すると、彼女は「結婚」と「サッカー」の狭間で揺れ動いた末に仕方なく日本に帰国。もうサッカーを辞めて彼と結婚しようと考えていた時、相手の男性にこう言われたそうだ。

「サッカーをやめたら後悔するだろ?専業主婦は似合わないしサッカーをしてほしい」

きっと、普通のアスリートならここで現役を引退していてもおかしくなかったはずだ。現在では「なでしこ」が一つのムーブメントになっているが、当時の日本女子サッカーの存在感はあまりにも希薄なものだったから。

しかし、一人の女性としての幸せを捨てサッカーを選んだ彼女。結果論かもしれないが、その選択が後に日本中に勇気と感動を届けるゴールを生み出すことになった…とは言い過ぎか。

それほどまでにサッカーを愛し、サッカーに生きた彼女がついに結婚を決めた。これは、サッカー選手である前に、一人の女性である彼女が次のステージへ上がる選択をしたことの表れなのかもしれない。

Reference:INAC神戸 レオネッサ

関連記事リンク(外部サイト)

なぜ、あなたは「運命の人」を知る必要がないのか?
「友達以上、恋人未満」を抜け出せない人がやりがちな5つの習慣
いい男が絶対にしない「10の行動」。あなたのカレは大丈夫?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。