体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うどん→そばのエンドレス・ループ。東京進出した博多「肉肉うどん」は替え玉天国だぞ〜

f:id:Meshi2_IB:20150717121757j:plain

博多名物『肉肉うどん』。恥ずかしながらその名前を聞いても、京都出身で関西の上品な出汁で育ってきた僕にとっては全くピンとこないのです。

頭に浮かんでくるのは肉が山盛り乗っかっている、ボリュームありそうなうどんの妄想ばかり……。

40年以上も前に九州・小倉で生まれ、一部の地域でしか食べられていなかったものが博多で進化して広まっていったという肉肉うどん。

やがてチェーン店となり、2015年5月4日に東京・池袋についに店舗がオープンしたのです。博多出身のファンからすれば「やっと来たばい!」と思っていることでしょう。

そこで「肉肉うどん」の正体を丸裸にしてやろうと、放送作家の澤井直人が実際に足を運んで調査してきました。

見た目は黒々しいのに、味わいは意外にあっさり

ここは東京を代表する街、池袋のメインストリート・サンシャイン通りの一角。

ありました! ここが「肉肉うどん東池袋店」です。

f:id:Meshi2_IB:20150717122624j:plain入り口に飾られた看板には『アメトーーク』で紹介されたとのふれこみも。

いざ店へ足を踏み入れると、まだ正午にもなっていないというのにカウンターはいかにも大盛好きそうな男性客でいっぱい。

f:id:Meshi2_IB:20150717122813j:plain
ではさっそく注文。

まず選んだのは……店の看板メニュー、肉肉うどん(720円)。「生姜の量はどうしましょう?」と店員さんが聞いてきたので、とりあえず「普通」をオーダー。実はこの店、無料で生姜のトッピングが無料なのです。なんだかヘルシー。

f:id:Meshi2_IB:20150717124731j:plain待つこと約3分。肉肉うどんが運ばれてきました。 f:id:Meshi2_IB:20150717123149j:plain

く、く、黒い……。うどん=透明なだしという認識で人生を送ってきた関西人にはまさに黒船。しかし、つゆを口に含むと思ったほどしつこさはなく、ほどよい甘みとコクを感じます。少しやわらかめで、出汁がしみこんだうどんも初体験だけど美味い!

さらに、トッピングとして今一番売れ行きが伸びていると店員さんがゴリ押ししてくれた「百家製丸天」(180円)をなにも分からずチョイス。別皿でいただきます。

1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。