ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パーツ組み換えで新種誕生!? 『ふなっしーの品種改良フィギュア Vol.1 ファーストインパクト』で遊んでみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


本人の他に弟の“ふなごろー”、さらに全部で274人の兄弟がいるという梨の妖精、ふなっしー。その兄弟たちや梨妖精などのキャラクター情報を記載したバンダイのカード型コレクションおもちゃ『ふなっしーのめいっしー』から、キャラクターたちがミニフィギュアになって登場。『ふなっしーの品種改良フィギュア Vol.1 ファーストインパクト』として8月8日に発売されました。バリエーション豊かな妖精たちの姿も楽しいですが、フィギュアのパーツを組み換えて新種に品種改良できるのが特徴です。全7種類をそろえて組み換え遊びをしてみましたよ。



『ふなっしーの品種改良フィギュア Vol.1 ファーストインパクト』は、下記7種+シークレット1種のいずれかが箱に入っているミニフィギュアシリーズ。メーカー希望小売価格は370円(税抜き)です。

・ふなっしー
・ふなっしー&すりおろしパーツ※顔パーツは1個のみ付属
・ふなごろー
・あっぷるっしー
・フレイム フナディウス
・フレイム ドラゴンっしー
・ナシタウロス



『ふなっしー』は全長約50mmサイズ。頭、胴、足の3パーツから構成します。274人の兄弟の中では4番目なんだそうです。



『ふなっしー&すりおろしパーツ』は、『ふなっしー』の頭を組み合わせると『すりおろっしー!』になる“すりおろしパーツ”が付属。



『ふなごろー』は、ふなっしーの弟で56番目の兄弟。頭、胴&足、しっぽ(胴体?)の3パーツから構成します。



『あっぷるっしー』は、自称ふなっしーのライバル。『ふなっしー』と同様、頭、胴、足の3パーツ構成。



『フレイム フナディウス』は、ふなっしーが変化するキャラクターで、キモチが「あったかぁく♪」なるといわれる伝説の炎の剣を手にしています。頭、上半身、下半身、羽根の4パーツから構成します。



『フレイム ドラゴンっしー』は、30番目の兄弟で、ドラゴンっしーがギガ進化した形態。上半身、下半身、しっぽ、羽根の4パーツ。



『ナシタウロス』は、上半身が梨、下半身が馬という伝説の珍獣。上半身、下半身の前半分、下半身の後ろ半分の3パーツ構成です。


全7種類、計24パーツを組み合わせて、品種改良をしてみます。『あっぷるっしー』の頭を“すりおろしパーツ”と組み合わせて“すりおろしリンゴ”のように、すりおろしシリーズには簡単にアレンジ可能。


胴を抜いたら1等身兄弟? のできあがり。


胴を積み重ねたら“胴長っしー”。


『フレイム フナディウス』と『フレイム ドラゴンっしー』を合成した最強の弟、“フレイム ふなごろディウスドラゴン”。


『ふなごろー』と『ナシタウロス』がミックスした“ふなタウロスー”と“ナシごろス”。


飛行形態の“フライングフレイムソードっしー”。


顔がいくつも生えてきた“人面瘡(そう)っしードラゴン”。……疲れているのでしょうか、禍々しい新種まで誕生させてしまいましたが、名前を考えながら品種改良していく作業は、なかなか没頭できますよ。

今後シリーズが増えていき、さまざまな組み合わせのパターンが楽しめそうな『ふなっしーの品種改良フィギュア』。ファンはまずVol.1のコンプを目指してみては?

『ふなっしーの品種改良フィギュア Vol.1 ファーストインパクト』(ふなログ)
http://funa.b-boys.jp/products/toy02/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP