ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

入店するだけで酔える!?ミスト状の“酒”が漂う、新種のバーが話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

看板には「息をするなら、自己責任で」の怪しい文字。

カクテルを頼まずとも、そこに居るだけで酒に酔ってしまうという、“うそみたいなバー”がロンドンに誕生し、話題となっている。

これまでに数々の“食”にまつわるプロジェクトや、商品企画を打ち出してきたフード・デザイン・ユニット、BOMPAS & PARRが手掛けた最新作は「ALCOHOLIC ARCHITECTURE(アルコホリック・アーキテクチャー)」という名のバー。

ロンドンの食の宝庫と呼ばれるBorough Market(バラ・マーケット)エリアにある、カトリックの修道院の敷地を利用した同店は、先月オープンしたばかり。

Smashing bar team banging out #monks #cocktails

Alcoholic Architectureさん(@alcoholicarchitecture)が投稿した写真 – 2015 7月 29 12:41午後 PDT

コンセプトは「お酒をオーダーするという無駄な時間をなくす」だそうで、バーカウンターに長い列…という、おなじみの光景は存在しない。

その代わり、店内に1歩足を踏み入れると、そこは霧状のアルコールで満たされた空間になっており、客たちはそこで呼吸をするだけで、アルコールを摂取した状態になるという。

Friday! Alcoholic Architectureさん(@alcoholicarchitecture)が投稿した写真 – 2015 7月 31 12:16午後 PDT

この吸引スタイルの場合、お酒をグラスで飲むよりも、およそ40%も早く酔いが回るそうだ。

また実際に飲酒するよりも、摂取カロリーが40%ダウンするという利点もあるそうで、ダイエット中の方にも朗報かもしれない。

ちなみに、お酒が弱い人向けに、特別な素材で作られたガード用のスーツも用意されているのでご安心を。

To the cloud!!!!

Alcoholic Architectureさん(@alcoholicarchitecture)が投稿した写真 – 2015 7月 31 12:16午後 PDT

お酒のラインナップは“トラピスト・ビール”のほか、フランスのカルトゥジオ修道院でつくられた薬草系リキュール“シャルトリューズ”、アルコール度数高めの“フォーティファイドワイン”といった、レアなものも。

すでに新しいもの好きのロンドナーたちの間で、かなり話題になっているこちらのバーへの入店は、サイトから事前予約が必要。

営業時間は平日が15時から23時まで。金曜が14時から23時、土曜日12時から23時までとなっている。

入店時間は各グループ、50分までと制限されており、サイトから時間指定をし、予約する方式だ。

人気のため、8月の週末の夜はほぼソールドアウトなので、いまなら9月が狙い目。

近々ロンドンを訪れる予定があって、お酒に自信があるひとは、少々スリリングだけど、試してみるのもあり!?

ALCOHOLIC ARCHITECTURE
http://www.alcoholicarchitecture.com/

旅行(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP