ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

これから40年も同じ会社で働くのか… 定年まで「仕事への情熱」が続くか心配です

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
これから40年も同じ会社で働くのか… 定年まで「仕事への情熱」が続くか心配です

Q&AサイトのYahoo!知恵袋に、こんな相談が寄せられていました。相談者のfukuokasigさんは、現在就活中。まだ働き先も決まっていませんが、早くもある不安に襲われています。

それは10年、20年と仕事を続ける中で「仕事に飽きないか」ということ。今は仕事に対して熱い気持ちを持っているけど、それが果たして定年まで続くのだろうか。そこで先輩社会人の意見を聞いてみることにしました。

「実際に働いている方は、仕事を変えたい、辞めたいとか思ってしまいますか?」

会社員なら「時代の流れ」や「昇進」でやることは変わる

日本企業は「終身雇用制」が伝統だといわれますが、1970年代まで定年退職は55歳。それがいまでは60歳になり65歳に延びつつあり…。大卒後に40年も同じ会社にいたら、人生の半分は同じ風景に囲まれることになります。

この質問に、回答者のosamuomkarさんは「常に仕事を辞めたり、変えたりしたいと思ってきました」と明かします。若いうちは「数か月で実際に変わったこと」もあり、「飽きたら次に向かえば良いだけだと思います」と答えます。

その一方でmankichi_00さんのように、思い通りに行かないことがあって仕事を辞めたくなっても、「生活」のことを考えたら辞められないという人もいます。

「今でも、しょっちゅう思いますよ(笑)腹が立つ事はもちろん、思い通りにならず…です。でも、辞めません家族のため、子供のため、彼女のため、友達のため、自分のため」

それでは世の中の働く人は、周囲の人たちのためにガマンしながら「飽きた仕事」を嫌々やっているのでしょうか。netcafe_109さんは、同じ会社に勤めていても「ずっと同じ仕事をしているわけではない」と言います。

「民間企業なら、時代の流れとともに事業内容も変わっていきますし、それに伴う異動や転勤もあります。昇進とともに仕事の責任が重くなっていき、部下の面倒も見なくてはなりません。10年、20年、同じことをしているほうが稀でしょう」

仕事選びの段階で「収入」に目を奪われないことも

担当する仕事内容や会社でのポジションは、年齢とともに変わっていきます。特に年功序列の会社では、給料を上げるからには高度な仕事を担わなければなりません。

そのためには、たとえ自分がずっと同じ仕事をしたいと考えていても、会社の都合で配置換えや転勤になる可能性も。もちろん給料も仕事も変わらない場合もありますが…。

またmiso_aidさんからは、飽きずに仕事を続けられるかどうかは「自分次第」という意見も届いています。

「飽きずに興味を持続することは、面白く仕事をする上では大切な事やね。飽きても辞められないほどつまらない人生はないでしょ。そのためにどうするかは人それぞれですから、自分で考えてみることが大事じゃないですかね」

確かに気の持ちようを変えてやり過ごすことも必要ですが、最初から収入だけではない「自分が好きで楽しみを一生見出せそうな仕事」を選ぶことも大事ではないでしょうか。(ライター:Makiko.N)

あわせてよみたい:中堅・中小企業「10月以降も採用行う」6割超
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。