ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米田哲也「1イニングでいいなら143試合全部投げてやります」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨今のプロ野球では米大リーグの影響もあり「先発投手は100球まで」という球数制限が当たり前になりつつあり、リリーフ陣を駆使する野球を各チームが実践している。この風潮は完投を連発し、通算350勝をあげた米田哲也氏(77)の目にはどう映っているのか。米田氏が語る。

 * * *
 中6日で投げていて故障する投手がいる、という事実には本当に唖然とします。原因はたった一つ。投げ込み不足です。
 
 キャンプを回っていても、ブルペンで1日に150球投げる投手はいません。練習で100球ほどしか投げていないのに、試合で完投しようというほうが無理ですわ。1イニングを15球で収めたとしても、9イニングでは135球。試合で完投できる展開になっても、135球が「未知の世界」では話にならんでしょう。
 
 それに、球数を投げないとコントロールもつきません。今の投手はラクして投げているんです。自分の肩の限界を知らない。高校時代は限界に近いところまで投げていたのに、プロに入ってだんだん退化させているのが、今のピッチャーなんですよ。
 
 私にいわせれば、限界を見極めるぐらいの投げ込みをやれば、中継ぎや抑えなど不要です。全員が先発完投できます。高い給料を払って、1イニングだけ投げさせるような継投策は止めるべきです。だって、それまで必死で長いイニングを投げている先発ピッチャーがバカみたいじゃない。ローテーションピッチャーが重視されていないのが、今のプロ野球なんです。
 
 こういうと、「リリーフピッチャーは年間50試合以上投げるから負担が違う」なんていう人がいる。僕なら1イニングでいいといわれれば143試合全部で投げてやりますよ。僕だけじゃなくて昔のローテーション投手なら誰でも投げられますって。

●よねだ・てつや/1938年、鳥取県生まれ。阪急のエースとして、19年連続2桁勝利を記録。歴代1位の949試合、同2位の350勝・5130投球回をマーク。その驚異的なスタミナから「ガソリンタンク」の異名をとった。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
投手陣安定の阪神「肩は消耗品」の中西コーチの手腕も大きい
MLBでワシが活躍したら「マサイチ・カネダ賞」あったと金田氏
阪神・金本 ストイックな筋トレに励み体脂肪率8%前後維持

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP