ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国での歴史学はヒストリーでなくプロパガンダ 事実は不要

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の習近平国家主席は、2014年3月にドイツで開いた記者会見で、「日本の軍国主義によって3500万人の中国人死傷者が出た」と述べた。

 しかし、終戦直後の国民党政権時代に主張していた中国人犠牲者数は320万人だった。この数字でさえ、何の根拠も示されていないが、共産党政権が樹立すると、どんどん膨れあがっていくのである。

 中国の歴史教科書では、1960年までは1000万人と記載されていたが、1985年には2100万人に改訂された。

 1995年5月に、戦後50年の戦勝記念式典に出席した江沢民国家主席は、中国人犠牲者は3500万人と発表し、この年から歴史教科書でもこの数字が採用された。もちろん、何の根拠もない。なぜこんなことがまかり通るのか。中国問題評論家の宮崎正弘氏の話。

「中国の大学で歴史を学ぶのは文学部史学科ではなく、政治学部です。 歴史学はヒストリーではなくプロパガンダで、客観的事実も考古学的証明も不要で、共産党が3500万人と決めたから、3500万人なんです」

※SAPIO2015年9月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
国語教科書に特定作品が掲載される背景や問題点を指摘した本
中国歴史教科書 不都合な史実無視し捏造加えたプロパガンダ
82年の「教科書誤報事件」で近隣国へ配慮した教科書が誕生

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP