ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LINE、脆弱性の発見・報告で最大$20,000の報奨金を支払う「Bug Bountyプログラム」を実施へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LINE が、チャットアプリ「LINE」(Android / iOS 版)で未知の脆弱性を発見し報告すると報奨金を支払う「Bug Bounty プログラム」を 8 月 24 日より期間限定で実施すると発表いました。Bug Bounty プログラムの実施期間は 8 月 24 日午前 12 時 ~ 9 月 23 日午前 12 時までで、バグの内容によって最低 $500(約 64,500 円)から最大 $20,000(約 2,580,000 円)の報奨金が用意されています。報奨金の金額は、例えば、メッセージや通話内容を傍受可能にするような問題、場合に $1,000(約 129,000 円)、認証を不正にスルーする “なりすまし” の場合だと $5,000(約 624,000 円)、メッセージを受信すると任意のコードを実行できる問題の場合 $20,000(約 2,580,000 円)と、危険度に応じて変わります。報告された内容は LINE 社内で審査されるので、報告しても報奨金が必ず支払われるわけではありません。また、LINE Family や LINE Game は今回のプログラムの対象外となっています。Source : LINE


(juggly.cn)記事関連リンク
テレビを観ながら他人と声を共有できるAndroidアプリ「2sec」がリリース
Huawei Watchはもうすぐ発売、サインアップページが公開される
Google、Androidで低オーバーヘッドのグラフィックスAPI「Vulkan」をサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP