ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パーフェクトセルフィーがスゴイ!格安スマホHUAWEI P8 lite

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HUAWEI製のAndroidスマートフォン「HUAWEI P8 lite」をSIM通で実機レビュー。
本体価格が3万円以下(税別)と思えないデザイン、パフォーマンスを誇る端末で、急成長するMVNO・格安スマホ市場をリードしていく1台になるのではないでしょうか。

充分すぎるスペックで抜群のコスパ!
まずはスペックから確認しましょう。

モデル名 HUAWEI P8 lite ALE-L02
OS Android 5.0
CPU Hisilicon Kirin 620 オクタコア (A53/1.2GHz)
RAM/ROM 2GB / 16GB
ディスプレイ 5.0インチ HDディスプレイ (1280×720)
サイズ / 重量 約143×約71×約7.7(mm) / 約131g
バッテリー容量 2,200mAh
カメラ メインカメラ:1,300万画素
インカメラ:500万画素
通信速度 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps
対応周波数 FDD-LTE:Band 1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE:Band 40
3G:Band 1/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900(MHz)

触ってみるとCPUのパワーもまずまずで、好印象。

 AnTuTu Benchmarkアプリを使って他の機種と性能を比較してみました。左からHUAWEI P8 lite(スコア:33,569)、Xperia Z3 SOL26(スコア:42,577)、Galaxy S6 edge SC-04G(スコア:66,971)最新のGalayx S6 edgeと比較すると半分のスコアですが、昨年冬のハイエンド端末Xperia Z3とは大きく変わりません。本体価格を考えると相当頑張っているのではないでしょうか。

最新のスマートフォンと比較して明らかに差が出るのは解像度。例えばGalaxy S6 edgeは5.1インチのQuadHD解像度(2560×1440)ですので、HUAWEI P8 liteの4倍の密度。見比べるとHUAWEI P8 liteの画面が「荒く」感じてしまいます。

HUAWEI P8 liteを一台だけで使うとまた印象も違うと思いますし、個人の好みが出るので家電量販店などの実機で確認した方がいいかもしれません。

 

 

パッケージにもこだわりが! 値段以上のクオリティを感じるデザイン
 

パッケージのデザイン・質感が良いのは嬉しい誤算。箱を開けるワクワク感があります。

開くと端末が立った状態で収納されています。端末側面のシルバーアクセサリーの様なカラーと、箱内面のブラックが綺麗に対比して独自のスタイリッシュさを演出しています。細部もしっかり作りこまれていてさらなる好印象を与えてくれました。同梱品は、端末本体、ACアダプタ、USBケーブル、イヤホン、SIMカードピン、保証書、クイックスタートガイドです。

 

本体の背面には半透明のシールが貼られており、SIMカードスロットについての説明書きがあります。

端末を正面から見た所。割りとよくあるスタンダードなスマートフォンという印象。

背面はガラスとプラスチックのハイブリッド。プラスチック部分はヘアライン加工で手触りや質感もよく、カッコイイと思わせる仕上がりです。

ボリュームボタン、電源ボタン、SIM/microSDカードスロットは右側面にあります。

トレイは付属のピンを挿してトレイを引き出すタイプ。2つあるトレイは、microSIMトレイとnanoSIM/microSDトレイになっています。両方SIMを入れた場合は、どちらか1つはGSMになります。

なお、nanoSIM/microSDトレイは構造上(左はmicroSD、右はnanoSIMを入れた状態の画像)、どちらか一方しか利用することができません。SIMとSDを同時に利用したいという人は、microSIMを選んだほうが良いかと思います。

本体のサイズや重量バランス、各種ボタンの配置などは特に変な癖もなくシンプルで使いやすい仕上がりです。更に背面の加工はお値段以上のものだと感じました。

 

 

 

衝撃的な「パーフェクトセルフィー機能」
王道・シンプルなHUAWEI P8 liteですが、自撮りを超絶加工する「パーフェクトセルフィー機能」を搭載しております。

事前に顔写真を撮影し、登録するとビューティーエフェクトゴリゴリのセルフィーが楽しめます。

まずはスムージング。最大にすると肌がツルツルに。

続いてはホワイトニング。コチラの加工レベルを上げると肌が白くなります。

怖いと評判の、目を大きくする加工。この辺りからプリクラの様になってきます。

目を明るくする設定。キラキラ輝きます。

最後はスリムフェイス。輪郭が細くなります。 

 ビフォーアフターを比較してみると、完全に別人になっていることがわかります。

このパーフェクトセルフィーを使うと、複数人で撮影した時に自分だけ事前設定した加工を適用させることが可能です。一人抜け駆けする卑怯な感じですが、実際使うと楽しく、今後他メーカーの機種にも広がる可能性もあるのではないでしょうか。HUAWEI P8 liteを手に取る際は是非とも試してみてください!

癖のないスタンダードな作りと優れたコストパフォーマンス。他の機種をなぎ倒す強力なセルフィーモードで楽しめる1台に仕上がっています。

HUAWEI P8 liteはSIMフリースマートフォンとして単体で販売している他、楽天モバイル・OCNモバイルONEなどのSIMカードとセットでも販売中。ZenFone 5のように格安スマホ市場がさらに盛り上がる起爆剤的な端末として話題と人気を集めそうです。

(文:モバイルプリンス)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP