ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

缶詰のフタを開けたら「こんにちは!」カワイイこけしの缶詰が限定発売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

なにこれカワイイ!可愛く愛くるしいこけしが缶詰になっちゃいましたよ。

仙台市の老舗こけし店「こけしのしまぬき」から、「東北のカタチ TOHOKU Style」が登場。第一弾として「こけし缶」と仙台市の伝統和菓子「仙台駄菓子缶」が限定発売されました。「こけし缶」(1800円税抜)は180個、「仙台駄菓子缶」(800円税抜)は400個を準備。

こけしは鳴子系のこけしが2種と弥治郎系こけしの3種類。缶詰にちゃんと収まるように2頭身のちんまりとしたおチビさんに作られています。通常のこけしに比べて胴体がかなり圧縮されています。缶の中には職人がこけしを制作する際に出た木くずがクッション代わりに入っていて、「産地直送」感を漂わせています。

ぱかっと開けたらこけしがこんにちは。こけしと目が合っちゃうかも。こけし缶専用のこけしは、今回のために職人さんが試行錯誤しながら制作されたそうです。

一緒に発売される「仙台駄菓子缶」は仙台伝統の青いだるま「松川だるま」をイメージした青い「だるま飴」やこけしのカタチをした「味噌パン」など、伝統の駄菓子が入っているそう。こちらの缶にはこけしは入っていませんが、缶のデザインにこけしがあしらわれています。

ちょっとおしゃれなおみやげとしていかがでしょうか。

via.開けると目が合う?宮城で産地直送の「こけしの缶詰」発売 | THE PAGE(ザ・ページ)

こけし缶 仙台駄菓子缶

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

【和雑貨】生意気なのにかわいい「スヌーピーこけし」
これは使える!指定区間、高速道路乗り放題の「家康割」を中日本高速道路が発売!
世界で80万超の再生!仙台・宮城のコケシ職人の美しき手仕事に世界が称賛

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP