ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肌状態もチェック!日焼けしすぎを防ぐスマート紫外線モニター

DATE:
  • ガジェット通信を≫

暑い日が続く今年の夏。歩いているだけでも日焼けしてしまうが、肌の健康には気をつけたいもの。

そこで、紫外線をモニターして日焼けしすぎを防ぎ、シミや皮膚ガンを予防する新しいフィットネス・ガジェット「SFIT」が開発された。

・小さなデバイスに3つの最新センサー

「SFIT」は、アクセサリーのように持ち歩ける直径46mmの小さなデバイス。このサイズながら、3つの高機能センサーを搭載している。

まず、“UVセンサー”が、ユーザーが浴びている紫外線を測定。

連動させたスマホに計測詳細を表示し、自然な日焼けを望むユーザーがその場所に何分までいられるのか、どのタイミングで背中を焼き始めたら良いのかを教えてくれる。

2つ目の“Skin-moisture sensor”は、医療機器に使われる技術を応用した、肌の湿度を図るセンサー。

乾燥した肌に日焼けをすると、シミ、シワの原因になるだけでなく、皮膚ガンにも発展してしまう。「SFIT」のセンサーを使えば、サンオイルを塗るタイミングも教えてくれて、肌に必要な潤いを補い、日焼けしすぎを防げる。

・フィットネスモニターとしての機能も充実

また、「SFIT」には最新式の3D加速度計が搭載。走った距離や、燃やしたカロリーを計算するフィットネスモニターとしての機能も充実している。

韓国のGPOWER Inc.が2年の歳月をかけ、エンジニアや、スキンケアエキスパートと共同開発した「SFIT」。

製品化実現のためIndiegogoにて出資募集中で、現在目標額の50%以上を調達している。

もちろん、日焼けしたくない派の人も、日々の紫外線肌チェックに使えそう。

紫外線の健康への悪影響が注目される今、「SFIT」は誰でも使える新しいモニター・ガジェットになりそうだ。

SFIT

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP