ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

片付け下手男 妻に注意され「天才ってことだ」と前向き解釈

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ちゃんと片付けができない人間がいると、周りの人々は本当に困ってしまうもの。神奈川県に住む女性Kさん(40才)の夫(38才)は、まさに片づけられない人間。Kさんが、不満をぶつける。

 * * *
 引き出しを開けたら開けっ放し。電気をつけたらつけっぱなし。「ただいま~」って帰ってきたら、靴下、ズボン、シャツと廊下に点々と脱ぎ捨てながらお風呂へ。蛇の脱皮なら年に数回だけど、夫の場合、毎日よ。拾い集めるにも限度がある。

 どうにかしなくちゃなぁと思っているうち、私が体調を崩して寝込んだのね。夫は根はいい人だから、「おかゆ作る」って張り切って台所に立ってくれたんだけど、翌朝、台所を見ると、大惨事。

 器も鍋も包丁も調味料も、あらゆるものが散乱していて見ただけで熱がぶり返しそう。

「もうムリ。夫の後片づけして終わる人生はイヤ」って、初めて本気で注意したわよ。そうしたら夫は、「気づかなかった」って、ほんとにビックリして、腕組みしているんだわ。

 で、何を言うかと思えば「う~ん。天才はどっか抜けてるっていうけど、そういうことかもなぁ~」だって。天才って何の? 天然の間違い? もう、夫ごと片づけたくなってきたわ。

※女性セブン2015年8月20・27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「片づけが苦手」と主張する妻に夫「そんなお前が苦手だよ」
子供に片づけさせる方法 親の手助け厳禁で見守る我慢必要
片づけられない47才主婦 何冊もの収納術の本も片づけられず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。