ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中堅・中小企業「10月以降も採用行う」6割超 粘り強く「長期戦」求められる就活生も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年の大手企業は「短期決戦型」の採用活動を目指しているようだ。アイデム「人と仕事研究所」が8月4日に発表した調査結果(pdf)によると、9月末までに採用活動を終えたいと考えている従業員1000人以上の大手企業が58.8%を占めたという。

採用予定数よりも多めに内定を出すか、という問いに対しても、大手企業の半数以上に当たる51.4%が「多めに出す」と答えている。まずはマグレねらいも含めて、中堅校以上の就活生は大手企業を受けておいた方がよさそうだ。
大手でも「秋冬採用」約4割

ただし短期決戦になった分だけ、「売り手市場のはずなのに、秋になっても内定が得られない」という学生のショックは大きくなる。しかし諦める必要はない。企業調査(pdf)では中小企業の多くが、秋冬にも採用活動を続ける見込みと回答している。

採用活動を10月以降も行うと回答しているのは、従業員1000人以上の企業では41.2%。比較的少数派ではあるが秋冬採用をするところがあるようなので、大手志向の学生はここを積極的にカバーしていきたい。

大手にこだわらない学生は、比較的余裕を持って中堅・中小企業に向かえそうだ。10月以降の採用活動を行う会社の割合は、300人~999人の企業では59.6%、100人~299人の企業では57.5%、30~99人の企業では74.2%、29人以下の企業では75.8%となっている。

大手以外の企業では内定者数に余裕を持たないため、学生が大手企業に流れれば、その分「空き」が生じる可能性がある。もともと大手の選考が終わってから採用を始める会社もあり、今年の就活生は内定が得られなくても粘り強く「長期戦」に臨んだ方がよさそうだ。

あわせてよみたい:「持ち駒・内定なし」の就活生が今やるべき3つの対策
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP