ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「270円のTシャツ」の自動販売機がベルリンに登場!ただし、購入前に・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。

2ユーロで販売されているTシャツは、その安さから人々の関心を集めます。

しかし購入しようとすると、その商品がどのように作られているのかを紹介する、動画が流れてきます。

「このTシャツは、時給13セント(約17円)、1日16時間の過酷な労働の上になりたっています。それでもあなたは、このTシャツを購入しますか?」

思わず手が止まる人や、泣き出してしまう人まで。そして最後には「募金をする or 購入する」というボタンがでてくるのですが、ほとんどの人が募金をするボタンを押しました。

この動画は、こんなメッセージで終わっています。

「人は知ることで、はじめて行動に移すことができるのです。多くの人にこの現状を広めていきましょう」

ファストファッション隆盛の現在。もちろん、すべてのメーカーがこういった現状にあるわけではありません。安くていいものを選ぶのは、消費者として賢明な判断です。
一方で、その生産過程に少し興味を持ってみることも大切なことなのでは?

Licensed material used with permission by Fashion Evolution

関連記事リンク(外部サイト)

スキニーを履き続けた女性を待っていたのは、4日間の入院生活
SNSがもたらした人気コンテストの時代。「いいね!」の数に騙されないで・・・
英NPO団体が制作した「サバイバルゲーム動画」が、訴える現実とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP