ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

果実たっぷり!イタリア版かき氷“グラニータ”に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今日本ではかき氷が流行していますが、実はイタリアでもかき氷は人気があるそう。
イタリアでは“グラニータ”と呼ばれ、果実をぎゅっと濃縮したようなシンプルな味わい!
今回紹介するシャンパンを使ったグラニータは夜にぴったり。
すっと溶けるフルーツアイスで身体の中からクールダウン♪

・グラニータとは・・・
グラニータとはイタリアで生まれた氷のデザート。
甘いシロップを凍らせ、さらに出来上がった氷を削ったら出来上がり。
「Wikipedia」によればレモン・マンダリンオレンジ・ジャスミン・コーヒーのグラニータはイタリア全域でよく食べられるそうです。
フードライター“Jeggrey Steingarten”が「グラニータの食感は町毎によって異なる」と述べるように、グラニータは町によって少しずつ異なります。粒が一つずつ見えるような固いグラニータもあれば、シャーベットに近いものまであるそう。

・人気グラニータショップを覗いてみよう
イタリアのWebメディア「dissapote」ではローマで有名なグラニータショップ25店をまとめています。
中でもリキュールを使ったグラニータを販売する“Carabe”やピスタチオやマルベリーのグラニータを楽しめる“Coffee Europe”が人気だそう。本場イタリアでは朝ご飯として食べることも多いのだとか。
日本でも“ITALIAN TOMATO Café Jr.”や“上島珈琲”でグラニータが楽しめます♪
また本場のようなフレッシュな味わいを楽しみたい方は是非お家でお試し下さい。
簡単に食後にぴったりのサマースウィーツが出来上がります。

<1.果実感はそのまま!スイカグラニータ>
■材料
スイカ 4カップ
砂糖 1/4カップ
ライム果汁 1/2個分
■作り方
準備:スイカをカットする。縦じまが横になるように置き、縦に包丁を入れる。種が放射線状にならんでいるため、種に沿ってカットする。切り口表面の種も取り除く。
1.スイカ・砂糖・ライム果汁をブレンダーに入れ、なめらかになるまで混ぜ合わせる。
2.スイカピューレをバットに流し込み、冷凍庫で1時間休ませる。フォークで氷を削り、お皿に盛りつけたら出来上がり!

<2.ザクロがたっぷり♪シャンパングラニータ>
■材料
ドライピンクシャンパン(もしくはスパーリングワイン) 1本
グラニュー糖 1.25カップ
水 1.25カップ+0.85カップ
ザクロ 1個
■作り方
1.グラニュー糖・水(1.25カップ)・ザクロ種・ザクロ果汁を小鍋に入れ、中火にかける。 一度沸騰したら、そのまま3分間煮込む。
2.コットンを使い、ザクロの種から果汁を搾り取る。ザクロの種は取り除きシロップ状にする。
3.ザクロシロップ・水(0.85カップ)・シャンパンをバットに入れ、スプーンでよく混ぜ合わせる。そのまま冷凍庫に入れ8時間休ませる。フォークで氷を削り、お皿に盛りつけたら出来上がり!

<3.夏にぴったり!ピニャコラーダグラニータ>
■材料
パイナップル 1カップ
ココナッツミルク 30ml
砂糖水 1/2カップ
ホワイトラム 90ml
お好みの氷
■作り方
準備:パイナップルはみじん切りにする。
1.カットパイナップル・砂糖水・ホワイトラムをフードプロセッサーに入れ、滑らかになるまで混ぜ合わせる。
2.氷をかき氷器で削る。削った氷の上にパイナップルピューレ・ココナッツミルクを順番にかけたら出来上がり!

他にもストロベリーやココナッツを使ったグラニータも女性におすすめです♪
口の中ですっと溶けて、身体の中からクールダウン出来るはず!

「Wikipedia」
https://en.wikipedia.org/wiki/Granita
「dissapore」
http://www.dissapore.com/grande-notizia/le-25-migliori-granite-ditalia/
「YUMMY Healthy EASY」
http://www.yummyhealthyeasy.com/2014/06/watermelon-granita.html
「m.ade b.y m.ary」
http://madebymary.se/2013/december/rosa-champagnegranite-med-granatapple.html#comment
「HONESTLY yum」
http://honestlyyum.com/10527/cocktail-snow-cones/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP