ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

福島第1原発 施設の一部にひび割れ、高濃度汚染水が海に流出

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 東京電力は2011年4月2日15時前の会見で、福島第1原発の施設の一部がひび割れし、高濃度汚染水が直接海に流出したと発表した。

 NHKの報道によると、今日午前9時半頃、福島第1原発・2号機の取水口近くにある電源ケーブルを納めている「ピット」と呼ばれる施設で、長さ約20センチのひび割れが見つかったといい、ピットの中にたまった水がそこから海に流れ出ているとしている。なお、この水の放射線量は、1時間あたり1,000ミリシーベルトを超えているとされている。

 なお、東京電力は、ピットで見つかったひび割れをコンクリートで埋め、水の流出を止める作業をすすめているとしている。

【4/2・14:45開始】東​京電力本店から『放射性物質を​含む液体の海への流出』に関す​る記者会見
http://live.nicovideo.jp/watch/lv45271456
(番組はタイムシフト機能でいつでも視聴できる)

丹羽一臣

【関連記事】
松本外相、政府と国際原子力機関(IAEA)の避難指示範囲「一致している」
菅首相、屋内退避圏の対応 「地方自治体と意見交換している」
福島第1原発の敷地内からプルトニウムを検出

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。