ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ONE☆DRAFT、8周年記念野外ライブ「蜂桜祭」を開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ONE☆DRAFTが、8月8日にデビュー8周年記念スペシャルライブ「蜂桜祭」を大阪の服部緑地野外音楽堂で開催した。

今年でデビュー8周年を迎えた彼らは、5周年でも10周年でもなく、8周年目の8月8日という日をデビュー以来強く意識してきた。ONE☆DRAFTにとって“8”という数字は特別な意味を持っている。

メンバーのLANCE(Vo)、RYO(Vo)、DJ MAKKI(DJ)の3人は共に帝京高校野球部出身の同級生。その母校である帝京高校の校章には咲き誇る桜の花びらが三枚と、中央に一匹の“蜂”が配置されている。彼らは今も野球部で培った“帝京魂”を胸に秘めおり、ONE☆DRAFTのアーティストロゴは帝京高校の校章をモチーフにデザインされている。そして本日開催した記念ライブの「蜂桜祭」というタイトルも、帝京高校の文化祭と同じタイトルであった。

ライブ直前までは夏の日差しがふり注ぐ炎天下であったが、開始直前に天候が急変し、雷とゲリラ豪雨に見舞われた服部緑地野外音楽堂。そうした豪雨の中、新曲「湾怒羅不斗 〜不屈の特攻隊長〜」からライブを強行スタートさせたONE☆DRAFT。

既に雨でびしょ濡れのオーディエンスは、待ってましたとばかりに大きな盛り上がりを見せる。MVで初披露したワンドラダンスの振付けを会場中が踊る光景は圧巻の一言。そのまま「ファイナルアンサー」「陽炎の向こう」と立て続けに披露して行く。

降ったり止んだりの天候にRYOが「雷うるさいぞ!もしかして、空も盛り上がって落ち着きないのかな!?」と空に向かって一喝すると、逆に再び雨が土砂降りに。それでも会場のヴォルテージはヒートアップ状態。ライブ中盤にはDJ MAKKIによるDJプレイの時間が設けられ、ライブで披露しきれない楽曲をDJで披露し、会場を更に盛上げて行く。

LANCEは「俺らデビューして8年。みんなのおかげで色んな景色を見せてもらってきた。この豪雨の中でもお前らどっか行かずに盛り上がってくれる。泣かせるなよ…。ありがとうございます。これしか言えないけど、本当にありがとう!」と、ファンに心からの感謝の気持ちを伝え、彼らの代表曲「ワンダフルデイズ」を披露する時には、驚くことに雨が止み青空が広がっていた。

デビュー曲「フルサト」から、発売直後のNEWアルバムに収録された新曲までも織り交ぜた、まさにONE☆DRAFTの8年間を凝縮したベスト盤的なセットリストを披露。最後に3人が手を取り合いながらステージ中央に揃い、DJ MAKKIが「本当にありがとうございました。そしてONE☆DRAFTの9年目も引続き応援して下さい」と叫び、ライブを締めた。

なお、蜂桜祭の後夜祭として、8月22日に三浦海岸で「PALON vol.14 in 夏小屋Sound Annex〜蜂桜祭・後夜祭」の実施を予定している。

カメラマンクレジット:森 好弘

関連リンク

■ONE☆DRAFT オフィシャルサイトhttp://onedraft.net/
ONE☆DRAFT 徳間ジャパンコミュニケーションズ:http://www.tkma.co.jp/onedraft/
■ONE☆DRAFT オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/pglm2
ONE☆DRAFT オフィシャルYouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UC3sybOp2ahJKNdiuz0uw1Tw

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP