ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

谷村新司が初の夏フェス開催、加山雄三、さだまさし、ゴダイゴらと競演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

谷村新司がツタエビト(MC)となりゴダイゴ、平原綾香、さだまさし、加山雄三、THE King ALL STARSらが参加した「地球劇場フェス2015」が8月8日横浜・赤レンガパークにて開催された。

これはBS日テレの音楽番組「地球劇場~100年後の君に聴かせたい歌~」が発信する初の野外イベント。冒頭、ツタエビト(MC)の谷村新司が登場し開会宣言。ステージには鳩型のバルーンが空に舞い上がり「地球劇場フェス2015」が華やかにスタートした。

オープニングはゴダイゴ。お馴染みの曲を惜しげも無く演奏するグレイテスト・ヒッツな構成。モニターには歌詞も映し出され、お客さんも一緒になって歌い、一瞬にして30年以上前へタイムスリップしたような気分にさせてくれる。モンキーマジックのサビではボーカル、タケカワユキヒデの両手からお約束のクモの糸が飛び出すとお客さんも大喜び。演奏後のトークで谷村は、アリス時代に初めてゴダイゴを聴いた時、凄いバンドが出てきたと脅威を感じていと話し、今日もリハーサルで聴いて涙ぐんだと告白。

2番手はTHE King ALL STARS。加山雄三の「よろしく!!」という掛け声から演奏スタート。懐かしのモズライト・ギターから流れるイントロで場内は拍手喝采の渦。会場の赤レンガパークの左手は海。サーフロックの名曲で映画『パルプ・フィクション』のテーマ曲にもなった『ミザルー/Misirlou』では、まさにこの会場の雰囲気にぴったり。5曲目には、この日参加出来なかったメンバー、キヨサク(MONGOL 800)が作った新曲も初披露した。

ここで舞台にはen塾の面々が登場。番組では、ASEAN10ヶ国で日本語を学ぶ学生に、番組で収録した歌を日本語学習の教材として役立ててもらうというプロジェクトに取り組む。en塾はインドネシアで日本語のミュージカルを作っている学生。4声の爽やかなハーモニーで美しい日本語の詞で綴られたオリジナル曲『桜よ~大好きな日本へ~』を歌う。その綺麗な歌声に、客席では目元を拭う人も。

ステージには長崎・浦上天主堂でのコンサートを終えて会場に駆けつけた平原綾香が上がる。曲は谷村のリクエストで『Jupiter』。崇高で凛とした雰囲気をまとった平原のパフォーマンスに観客もじっと聴き入る。続いて番組の人気コーナーでもある谷村とゲストがコラボレーションするDREAM SONGパートへ。この日は、お馴染みの『いい日旅立ち』を二人で歌う。「まさかご本人と一緒に歌わせて頂けるなんて一生の思い出になります!」と平原も感激のMCで応えた。

「(平原さんの参加で)ステージがこんなに華やいだ後でなんですが…」と次の出演者を呼び込むと「悪かったな、華やがなくて」と毒づきながら表れたのは、さだまさし。谷村が「この時期(お盆)に聴きたいあの名曲を」と向けると「お盆といえば私!世界広しといえど、お盆ディナーショーやれるの僕だけだよ!」と絶妙の返し。二人の息の合ったトークの応酬は、まるで漫才を見ているよう。なかなか曲に移ろうとしないさだに、ヴァイオリンを持たせ、ようやく1曲目の『精霊流し』に。続いてのコラボレーションは『案山子』。息が合うのはトークだけでなく、歌声も完璧。ふたりの美しいハーモニーに観客も酔いしれる。貫禄のパフォーマンスを見せつけた。

そして番組の第1回ゲストでもある加山雄三が、今度はソロで登場。このイベントの実現を谷村が考えていた頃、「やるなら出るよ!」といちばん最初に声をかけたのが加山。この一言がなければ、地球劇場フェスの開催はなかったかも知れない程のキーパーソン的存在だ。曲は『君といつまでも』。お客さんもペンライトを左右に振りながら大合唱。ここでの両者のコラボは永遠の名曲『海 その愛』。横浜、港、遠くにはハーバーライト。これほど、このシチュエーションで似合う曲は無く、なんともいえない贅沢過ぎる空間となった。

オオトリは本イベントのツタエビト(MC)谷村新司。2曲目の『チャンピオン』では、こらえ切れなくなったのかオーディエンスも総立ちで、この日、いちばんの盛り上がりとなる。ラストは、作者の谷村と加山が揃って舞台に立ち、さらに出演アーティスト全員が加わっての『サライ』。もうそこは『24時間テレビ』の武道館。ステージと3000人の客席がひとつになって大合唱する感動のフィナーレ。このメンバーとこの空間でこの時間を過ごせた幸せを噛み締めるかのように、家路に向かうお客さんの顔がみな高揚していた印象が残る一夜であった。尚、この日の模様はBS日テレ『地球劇場~100年後の君に聴かせたい歌~』で9月12日 19時より放送される。

PHOTO:KEIKO TANABE

「地球劇場~100年後の君に聴かせたい歌~」番組サイト
http://www.bs4.jp/chikyu-gekijou/

関連リンク

谷村新司 オフィシャルサイト「タニコム」http://www.tanimura.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP