ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英心理学会が研究報告!「笑い」のスゴイ効果とは・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「よく笑う人とは打ち解けやすい」これが、心理学の観点からも最も速く人間が心を通わせる方法と、ライターNatalie Shoemarker氏がイギリスの研究報告を紹介しています。人間関係は笑いのツボさえ合えば、万事上手くいく!?

笑いは、お酒よりもコミュニケーションに役立つとする科学的発表が注目を集めています。英国心理学協会(BPS)の研究報告によると「人間は笑った後、よりプライベートな内容を打ち明ける傾向にある」というのです。
このアイデアを証明するため、主任研究者のAlan Gray氏をはじめ研究チームは、調査の結果をこう伝えています。

「我々は、この仮説を検証するために被験者たちに3つのビデオクリップを観せ、笑いが起きた際に、心理的にどうポジティブな影響を与えているか、またその行動により、彼らが自分の心を開いて他人に打ち解け安くなるかが判明しました」

被験者らは、おとなしめのスタンドアップコメディー、自然のドキュメンタリー、ゴルフレッスンをそれぞれ視聴。その結果、ドキュメンタリーとゴルフレッスンの番組においては、被験者の感情を大きく左右する効果が見られなかったのに対し、コメディー番組を観た被験者たちだけは、笑いを引き起こし感情に振り幅が見られたそうです。
実験はその後、被験者それぞれに、他人に話せる範囲で個人のプライベートな情報を5つ記載するように依頼。研究者らが、その5つの情報について、「どの程度親密性があるか」を10段階に分けて確認。その結果、ここでもコメディー番組を観たグループの被験者の方が、より親密性の高い、自分の秘密まで記載していることが判明しました。例えば「ポールダンスの真似事をしている時に落下して、鎖骨を折った経験がある」など。

科学者たちは、この結果を受けて、ポジティブな感情というより、むしろ「笑うこと」自体に効果があるのではないか。と、考えているようです。さらには、研究者が「親密」と判断した内容も、それを記載した当の被験者たちは「大したことない」内容だと感じていたそう。このことからも、笑いによって、人間はより心を開きやすくなるうえ、無意識のうちに自分をポジティブにする効果がある、という見解に至ったようです。

最近の研究では、笑いはビジネスでも有効であるという見方もあります。応用心理学の研究誌『 Applied Psychology』が、のべ54社の社内ミーティングに参加し、出席者の行動パターンを観察した結果報告に、こう示されています。

「誰か一人が冗談を言っただけで、次々とユーモア溢れる発言が続き、笑いの頻度が増えていく」

研究者は、「笑い」が生まれることで人々のポジティブなコミュニケーションを引き出し、さらには、それが新しいソリューションにまでつながる。と分析しています。

Licensed material used with permission by Big Think

関連記事リンク(外部サイト)

職場に必要なのは・・・誰もが効果を認めるのに、なかなか浸透しない「アノ話」
【科学的根拠あり】恋愛について知っておくべき「10の事実」
ランニングやジム通いよりも、「ダンス」がストレスに効く理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP