ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自由研究にぴったり?!銀座ソニービルで開催中の「48th Sony Aquarium」でサメ博士になろう!入場・体験は無料

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、何かと話題にのぼるサメ。でも一口にサメといっても、なんと500種類もいるのだとか。怖がるだけでなく、その生態をちょっと詳しく知ってみるのはいかが?

現在、銀座ソニービル全館で「48th Sony Aquarium」を開催中(9月6日(日)まで)。寄屋橋交差点に面した屋外イベントスペース「ソニースクエア」では、沖縄からやって来た魚たちに出会うことができる。

沖縄の海をテーマにした14トンの大水槽では、ユーモラスな表情で人気のある全長1mのニセゴイシウツボやドクウツボなど、20種類約800匹の魚たちがス~イスイ。

そして、今年最も注目を集めているのは、「オオテンジクザメ」。沖縄美ら海水族館の「黒潮の海」水槽で、昨年2月にお母さんザメから産まれた仔ザメで、鼻の穴の近くにヒゲがあるのが特徴だ。成長すると全長3mに達するのだそう。

またエントランスホールには、全長9.1mのジンベエザメのあご(標本)を展示。その歯の数はなんと1万414本!ただしジンベエザメは、大きな口で海水ごとオキアミなど小さなプランクトンを吸い込んで食べるので、使うことがほとんどないのだとか。

8F の「コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)」 では、ソニーのデジタル一眼カメラ「α7S」で撮影した等身大のジンベエザメの映像を上映。大きな口を開けてカメラに迫ってくるような瞬間や、お腹にコバンザメを従えているかのように一緒に泳ぐ姿は、迫力たっぷり。

さらに毎週土日には、沖縄美ら海水族館の飼育員から、「サメ」について直接話を聞くことができる授業も開催(9月5日(土)・6日(日)は開催なし)。まだまだわからないことが多いサメの不思議に、ぜひ迫ってみよう。

うれしいことに、入場も体験もすべて無料!夏の自由研究を何にするか決めかねているキッズは、ぜひ足を運んでみては?詳しくはコチラ(http://www.sonybuilding.jp/event/aqua/)をチェック。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP