ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1店限定!うどん県・香川が「本腰」を入れて挑む 「はなまるうどん」の限定メニュー!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


旅行の魅力といえばなんだろうか。そこでしか見られない景色、そこでしか吸えない空気…いろいろあるが、そこでしか食べられない料理を目的に旅行先を選ぶ人も少なくないはずだ。名前を「うどん県」に変えてまで、讃岐うどんをゴリ推ししてきた香川県が、企業と一体になってあらたな活性化プロジェクトに“本腰”を入れているようだ。
香川県に本社を持つ「はなまるうどん」では、香川の高級食材“オリーブ牛”を使用した「オリーブ牛うどん」が、1店舗限定のメニューとして販売されている。
“オリーブ牛”は国産発祥の地として1908年から栽培が行われている小豆島のオリーブと、こちらも歴史ある黒毛和牛、讃岐牛を融合させた香川ならではの食材。オリーブオイル搾油後の果実を飼料とした讃岐牛は、オリーブに豊富に含まれる「オレイン酸」と「抗酸化成分」によって、旨味が増し、ヘルシーでやわらいため、女性や子どもに優しい。味は肉汁が少なく後味もあっさりしているので、うどんの食感や旨味ともバッティングすることがない。
6月15日から28日までは秋葉原昭和通り店で1日10食の限定販売。秋葉原の限定販売は終了してしまったのだが、うどんの本場、香川県の木太店では9月29日までと、秋葉原よりも長い期間販売されている。
限定メニューは香川県の活性化をはかるプロジェクト「本ごしプロジェクト」の一環として販売されているもの。香川県とはなまるうどん、そして日本国内および環太平洋を網羅するLCCジェットスターの三者が共同でプロジェクトを推進している。ジェットスター成田-高松便の搭乗券を提示すれば、木太店の「オリーブ牛うどん」が980円から930円に割引となるおトクなサービスも実施中。木太店の販売が終了するまで、この割引キャンペーンも続く。
お盆休みを利用した旅行はさすがにもう間に合わないかもしれないが、今年の9月にはなんと5連休が待っている!前述のジェットスターでは、成田⇔高松路線の最低運賃が片道4990円から。LCCの台頭によって、以前よりもずっと近くお得になった香川旅行を企画しよう。
 【Nicheee!編集部のイチオシ】
【大阪「珍」グルメ】 大阪で「たぬき」とは? 東京や京都とこんなに違う
茨城空港で味わえる!絶品「しょぼろ納豆そば」
京都・北野天満宮そば これがうどん!? 名物「一本うどん」を食べてみた

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP