体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

戦後70年・今だから見ておきたい「戦争」アニメ

今年、2015年は戦後70年。「終戦」の定義は様々あり、日本では玉音放送のあった8月15日ですが、諸外国の多くは戦艦ミズーリ艦上で降伏文書の調印式が行われた9月2日を終戦の日としています(サンフランシスコ講和条約の調印・発効をもって正式な「戦争の終結」とする考え方もあります)。

【関連:1945年8月19日、満州から妻を同乗させ飛び立った特攻兵がいた。】

YouTubeより

降伏文書の調印式では、最後に連合国軍(アメリカ軍)の大編隊による航過飛行が行われましたが、ついこの間まで同じ飛行機によって攻撃されていた市民の目には、この編隊飛行はどのように映っていたのでしょうか。

さて、この戦争は映像メディアが本格的に活用された戦争といえます。各国で戦意高揚を目的とした様々なプロパガンダ映画が製作されました。当然ながら、その中にはアニメもあります。これらアニメを目にする機会はほとんどありませんが、ここでいくつかの作品をご紹介しましょう。

アニメというのは、プロパガンダには非常に適した表現手法です。その特徴は

◆実写と違って省略表現ができるので、主張を明確化・単純化できる
◆生身の役者が画面に登場しないので、生々しさが薄れる
◆大きく誇張表現ができる

など。実写に較べて余計な情報を排除し、表現に集中させることができるので、主張したいことをイメージとしてより強く・解りやすく伝えられる訳です。解りやすさは、様々な層へ主張を届けることも可能になりますから、この点で非常に優れているのです。それでは、各国で制作されたプロパガンダアニメを見てみましょう。

■日本
日本で作られた戦意高揚アニメといえば『桃太郎の海鷲』や『桃太郎 海の神兵』が有名ですが、ここでは同じ海軍省の協力により制作された『フクチヤンの潜水艦』をご紹介しましょう。1944年に公開された、横山隆一のキャラクター、フクちゃんを主人公にした作品です。

ストーリーは、フクちゃん乗り組む潜水艦イ1が、はるばる太平洋を横断してアメリカ本土を砲撃しますが、この際にアメリカ空母機動部隊の反撃を受けます。南洋の泊地で船体を修復し、補給を受けた後、その空母を魚雷で撃沈して日本へ帰還する……というもの。主題歌は古関裕而作曲、劇中歌「潜水艦の台所」は古川緑波が歌っています。

注目されるのは、潜水艦の運用・戦闘の描写が非常に細かく、リアルなこと。砲の取り扱いや魚雷装填・発射の手順、敷設された対潜水艦網を突破する様子や潜水艦での生活など、ここまで表現しているのは、海外の実写映画でもそうはありません。かなり詳細に取材したことがうかがえます。攻撃する艦番号13の空母も、実際の空母フランクリン(CV-13)のような形になっており、ここでも海軍からの資料提供があったことがうかがえます。実際のイ1は、この作品が公開される前年の1943年1月に戦没しました。

ストーリーも荒唐無稽に思われるかもしれませんが、実際にイ1などの巡洋潜水艦(巡潜)は太平洋を横断し、アメリカ西海岸で作戦行動をとって帰還できるほどの長大な航続距離を持っており、巡潜乙型のイ19、イ25、イ26などはアメリカやカナダ本土を砲撃し、イ25は搭載した飛行機で史上唯一のアメリカ本土爆撃も行いました。この他にも日本の潜水艦は、アメリカ西海岸で通商破壊作戦や偵察任務に従事しています。

また、国によるプロパガンダ作品ではありませんが『オモチヤ箱シリーズ第3話・絵本1936年』では、南洋の島(当時日本の信託統治領だったどこか)を、ミッキーマウスに“そっくりな悪いネズミ”が「島を明け渡せ」と侵略し、桃太郎や浦島太郎、金太郎や一寸法師など日本昔話のキャラが島を防衛して撃退する話が描かれており、この当時から市民レベルで日米関係が悪化していることがうかがえます。島の住人である黒ネコ、どう見てもフィリックス・ザ・キャットにしか見えませんが……。シマ柄のネコのようなネズミのようなキャラは「張子のトラ」ですが、何かを揶揄している存在なのかは判りません。

1 2 3 4次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。