ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プリンス、突如Spotifyで新曲を独占配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Spotifyから楽曲を削除したプリンス。突然、Spotifyで新曲の独占配信を敢行

ソングライターでプロデューサーのプリンスが、SpotifyやRdioなどTidal以外全ての音楽ストリーミングサービスから楽曲を取り下げた事件から数週間。これまでもこれまでもデジタル音楽配信に慎重な姿勢を見せてきたプリンスですが、突如新曲「Stare」をSpotifyで独占配信し始めました。

iTunesでもまだ発売されていない「Stare」。Apple Musicでも配信はありません。

これがプリンスが楽曲をSpotifyで配信し直すキッカケとなるかといえば、そうではないようです。ですが、Spotifyにとって、Apple MusicやTidalと競いユーザーを獲得するために、「独占配信」は一つの重要なコンテンツ戦略です。

SpotifyやRdioなど定額制音楽ストリーミングサービスからは、テイラー・スウィフト、ニール・ヤングなどといったアーティストが相次いで楽曲カタログを引き上げています(テイラー・スウィフトはSpotifyのみ)。そしてアルバムの配信を特定のサービスのみに限定する戦略を実施するケースが増えています。テイラー・スウィフトの場合は最新アルバム「1989」をApple Musicで、ニール・ヤングの場合は自身のハイレゾ音楽サービス「Pono Music」で、プリンスはジェイ・Zが運営する高音質音楽ストリーミング「Tidal」で行うなど、アーティストやマネジメント側がサブスクリプション型音楽サービス各社のメリットや価値を分析しながら実験的な配信を試みているように見えます。

■記事元http://jaykogami.com/2015/08/11821.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP