ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「牛乳」と「加工乳」の違いは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「牛乳」と「加工乳」の違いは?

スーパーマーケットの牛乳売り場を見てみると、数多くのメーカーから「特濃」「カルシウム入り」「ビタミン入り」「低脂肪」など、さまざまなタイプの商品が売られています。しかし、厳密な定義では、これらの多くは「牛乳」ではなく、「加工乳」や「乳飲料」というカテゴリーに含まれるもの。では、それぞれにどんな違いがあるのでしょうか。ここでは、「牛乳」「加工乳」「乳飲料」の違いを説明します。

乳牛から搾ったままの牛の乳のことを「生乳」といいます。牛乳はその名の通り、この生乳を加熱殺菌したもの。水や添加物を一切加えず、生乳100パーセントのものだけが、牛乳を名乗ることができます。ただし、牛は生き物なので、生育環境などによって生乳の成分に変動があります。そのため、商品の安定のために、牛乳は生乳100パーセントで乳脂肪分が3.0パーセント以上、カルシウムやミネラルなどの無脂乳固形分8.0パーセント以上のものと定められています。この生乳を加熱殺菌しただけの牛乳の多くにはパッケージに「成分無調整」という表示がされています。一方、生乳100パーセントの牛乳から乳脂肪分などを減らしたものが「成分調整牛乳」です。中でも乳脂肪分を0.5%以上1.5%以下にしたものは「低脂肪牛乳」、0.5%未満のものは「無脂肪牛乳」に分類されます。

生乳に乳製品を加えたものが加工乳です。バターやクリーム、脱脂粉乳を加えて成分を調整し、脂肪分を高めた「特濃」や逆に脂肪分を減らした「低脂肪」の2つが多くなっています。

生乳に乳製品以外のものを加えると、乳飲料になります。栄養強化のためにカルシウムやビタミンを加えたものや、コーヒーを加えた「コーヒー牛乳」、果汁を加えた「フルーツ牛乳」などが分類されます。

これらは一見、同じようなパッケージで売られていますが、それぞれ「牛乳」「加工乳」「乳飲料」といった表示がされているので、購入する際にはよく確認してみてください。(TEXT:料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

【料理研究家】蓬原 泉さんの「混ぜるだけ!パイナップルラッシー」#料理サプリryorisapuri.jp

【料理研究家】藤井 香江さんの「昔なつかしミックスジュース」#料理サプリryorisapuri.jp

【料理研究家】河内 杏子さんの「濃厚!ごちそうバナナジュース」#料理サプリryorisapuri.jp

【アミーゴ・デ・サン・イシドロ】おおつき ちひろさんの「豚肉の牛乳煮」#料理サプリryorisapuri.jp

【レストラン大宮】大宮 勝雄さんの「失敗しない!洋食店のホワイトソース」#料理サプリryorisapuri.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。