ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4年3か月ぶり全線開通仙石線 最短52分で仙台石巻結ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏休みにどこに行こう? もしまだ迷っていらっしゃるようでしたら、宮城県石巻市はいかがでしょう。今春、石巻は東京からグンと近くなりました。コラムニスト木村和久さんが高校卒業までを過ごした石巻を歩く「石巻なう」特別編の今回は、その感動の軌跡を綴ります。

 * * *
 この日がやってくるのを、どれだけ待ちわびたでしょうか。仙台と石巻を結ぶ、JR仙石線が5月30日、4年3か月ぶりに全線開通となりました。いや長かった、これほど待たされるとは。実は津波の影響で、線路を移設して新しく造ったため、工事が延びていたのです。

 もちろん開通当日、東京から新幹線に乗って、お祝いに駆けつけました。朝からなぜか、東京駅で豪華駅弁を奮発して買います。すこぶるハイテンションで、宮城路へ向かったのでした。

 仙台から、新しくできた「仙石東北ライン」に乗ってみます。仙台と石巻を結ぶのが仙石線ですが、実は途中の松島まで東北本線が並行して走っています。そもそも仙石線はその昔、宮城電鉄という私鉄で、駅と駅との間隔が短いのです。だから駅が少なくスピードの出せる東北本線で、松島近辺まで来て、それから列車は仙石線を走るようにして、乗客の利便性を図ったのです。

 この仙石東北ラインのために、JR東日本はハイブリッド車両なる新型車を導入しました。気合が入ってますね。始発の仙台から、結構な数のお客さんが乗車しています。なかには宮城ローカルのテレビクルーもいて、早くもテンションは高くなります。

 石巻へ向かうとき、ちょうど松島あたりから、海が見え始めます。やがて、新しく移築した野蒜駅へさしかかろうとしたとき、隣にいたおばさんが、すっくと立ち上がり、遠くの海を見だしたのです。

「どうしたんですか?」とぼくが聞くと、

「震災のとき、野蒜の病院にいて、家族から死んだと思われたのよ。診察が早く終わったので無事だったけど、お互い連絡が取れるまで、生きた心地しなかったわ」

 おばさんはそう言うや、涙ぐみながら「あ~、こうなっているのね~。まだ震災のままだわ」と感慨深げに、旧野蒜駅とその先に広がる海を見ていました。こちらも思わず涙ぐみ、お互いの震災苦労話を語りあいました。

 いろんな思い、悲しみ、そして喜びを乗せて一路石巻へ。途中沿線からは、たくさんのかたがたが手を振ってくれています。終点石巻では、ちょうどアニソン歌手の水木一郎さんが、仙石線のホームで開業イベント中。水木さんが電車の発車の合図をかけたそうですが、かなりの人だかりができていて、もう何がなんだかわからない状態になっていました。

 というわけで、めでたく開通となり、仙台と石巻間は、最短52分で結ばれました。以前は小牛田という駅を経由して乗り継ぎ、2時間弱ぐらいかかったでしょうか。当時は「東京~仙台より遠い、仙台~石巻」といわれていましたから。これでまた頻繁に石巻に顔を出せそうです。

※女性セブン2015年8月20・27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
被災地宮城の現状 野蒜駅はゴースト状態、旧東名駅は遺跡化
宮城県・石巻の観光地「石ノ森萬画館」現在はどうなってる?
仙台女子アナ日記【7】野村克也氏から携帯に「生きとったか」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP