ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

18歳の高校生が開発した「海洋ゴミ回収プロジェクト」が、対馬から始動!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することができるかもしれない。

2012年当時、まだ18歳だったBoyan Slat氏は、高校生の時に着想を得た海洋ゴミ回収システム「The Ocean Cleanup Array」を「TEDxDelft 2012」で紹介した。その後、翌年には本格的にプロジェクトの開始を発表、クラウドファンディングで投資を募り、19歳の若さで200万ドルもの資金を集め話題を呼んだ。

彼の構想はテストを重ねて着々と進行しており、21歳となった今、2016年の運用開始を発表している。驚くことに最初に設置される場所は「対馬」だそうだ。

自然エネルギーで稼働し、
海洋生物を傷つけない!

システムは驚くほどシンプル。プラスチックのほとんどは水面を浮遊しているため、海流によって運ばれてくるゴミを棒状の「浮き」で収集する。ゴミは自然とV字の中心部の塔に集まり格納される。可動に必要なエネルギーは太陽光と海流から賄うことができるそうだ。

網を利用していないため、海洋生物を傷つけない。さらに、集まったゴミは回収後にリサイクルすることができる。

太平洋ゴミベルトに
大型機材を設置予定

2016年、対馬には長さ2kmもの浮きが設置され、少なくとも2年ほど作業が行われる予定だそうだ。その後、システムをアップデートし5年以内にカリフォルニア・ハワイ沖の間へ長さ100kmにも及ぶ大型機材を設置すると発表している。

目的は太平洋ゴミベルトに浮かぶ海洋ゴミを回収すること。今ある海洋ゴミの42%を回収することができると予想している。その量は、少なく見積もって7万トンを超えるそうだ。

プラスチックは食物連鎖で
魚たちの体内へと運ばれる

プラスチックゴミが及ぼす影響範囲は広い。海洋生物への影響はもちろん、食物連鎖により毒素が伝わっていくことで、人間へと健康被害も広がる。当然ゴミを回収する費用も莫大だ。

彼の目標は太平洋ゴミベルトに浮かぶゴミを全て回収すること。北太平洋にある海流によって閉ざされたゴミの密集エリアのことだ。
計算上では、今後10年でその半分を回収できる目論見だという。運用コストも低く、集めたゴミや自然エネルギーを再利用して稼働できることもあり、今後の活躍には期待が集まっている。

Licensed material used with permission by The Ocean Cleanup Array

関連記事リンク(外部サイト)

「第六感は存在する」神経科学者が語った、直感を信じるべき理由
オランダが、プラスチックを再利用して道路をつくる初めてのエコな国になるかもしれない
鹿児島県のメガソーラーが海外で話題!ポイントは、その建設予定地だった!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP