ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジュラ紀に並ぶ「千葉時代」誕生?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


地球46億年の歴史をひもとくのに貴重な地層が千葉県にあることが判明。「千葉時代」が誕生するかもしれないことがTBSNewsなどで報じられ、話題となっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

映画『ジュラシックパーク』シリーズなどでおなじみの「ジュラシアン(ジュラ紀)」など、地球の歴史には様々な区分が設けられている。区分は大陸の移動や恐竜の繁栄など、地球の大きな変化によって分けられており、ジュラシアンの場合はフランス~スイスに広がる「ジュラ山脈」に代表的な地層があることから命名された。

時代を代表する地層に認められると、「国際標準模式層断面及び地点(GSSP)」として“ゴールデン・スパイク(金の杭)”が打ち込まれるが、1つの時代区分でゴールデン・スパイクが打たれるのは世界で1カ所だけ。杭が打ち込まれた地名が時代の名称として使われるという。

地球の磁場は歴史上何度も逆転しており、千葉県市原市田淵の地層は、およそ77万200年前に磁場が逆転したことを示しているとのこと。この時代の地層が明確に分かるのは、世界で市原市と、イタリアの「モンタルバノ・ジョニカ」「バレディ・マンチェ」の計3カ所とされる。

ライバルのイタリア2地域を差し置き、もし千葉県市原市がGSSPに選ばれゴールデン・スパイクが打ち込まれれば、「千葉時代」という時代区分が誕生することになる。地質時代の区分において、「○○時代」は「カラブリアン」「ジェラシアン」など、「~アン」「~シアン」となることが多く、産経新聞では、読みは“チバシアン”としている。

ツイッター上では、

「千葉時代(チバシアン)って名前ェ… どうにかならんのか歴史に刻まれるかもしれんのに(汗)」
「千葉時代(チバシアン)もうちょっとネーミングどうにかならなかったのかな?( ̄▽ ̄)」
「チバシアンってださすぎぃ」

など、“ちょっとダサいのではないか”という意見もありつつ、

「ちょっと前から話題になっていた、千葉県の地場逆転現象。トンデモかと思ったら大変重要なことだった。学会で選ばれろ!『千葉時代(チバシアン)』の名前を刻め!」
「チバシアン…!でもとてもロマンがあるのでぜひ選ばれてほしい」
「なんだかよくわからないけど、千葉県民であることを誇れる~ぅ」

など、ぜひ「千葉時代」となることを期待する声も。

なお、日本地質学会によると、GSSPとしての承認は、おそらく2016年開催の万国地質学会で行われる「国際層序委員会」での委員の投票で決まるとのこと。市原市田渕が選ばれるためには、それまでの間、委員に対して「GSSPにふさわしい」という印象を持ってもらう必要があり、そのための活動を続けていくとのことだ。
(花賀太)
(R25編集部)

ジュラ紀に並ぶ「千葉時代」誕生?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

鳥取・島根に「いっそ合県」の声
ムーミンが埼玉に希望をもたらす?
「地下神殿」がストビューに登場
「トレジャーハンター」お宝探索術
「歴史を変えた占い」の真相とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。