ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】ジャニーズWEST、シングルCD初週売上げから見る人気傾向

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月10日付Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”の1位は、ジャニーズWEST『バリ ハピ』がSEKAI NO OWARI『ANTI-HERO』との接戦を制して1位となった。

 『バリ ハピ』は、ジャニーズWESTの4枚目のシングル。2015年2月4日リリースの『ズンドコ パラダイス』に続き、2作連続で首位を獲得した。SoundScan Japaのデータによると、『バリ ハピ』はリリース初週に実売数11.1万枚を売り上げた。内容を詳しく見てみると、グループの本拠地とも言える大阪では9600枚を売上げ、東京の1.4万枚に次ぐ2位。兵庫でも4500枚と地元からのバックアップを受けて、11.1万枚というビッグセールスをあげた。

 ではここで、ジャニーズWESTが過去1年にリリースしたシングルの初週セールスを見てみると、

2014年10月8日『ジパング・おおきに大作戦 / 夢を抱きしめて』11.5万枚
2015年2月4日『ズンドコ パラダイス』9.7万枚
2015年7月29日『バリ ハピ』11.1万枚

となっている。今作を含め平均すると10万枚以上を売り上げており、CDデビューから1年4か月が経ち安定した人気を獲得していると言えるだろう。ジャニーズWESTは、関西地域を中心にテレビやラジオのレギュラーを多く持ち、2015年5月から6月には初のコンサートツアーも成功させた。ここからさらに新しいファンを増やしていくグループやメンバーの活躍に期待したい。

関連記事リンク(外部サイト)

ジャニーズWEST「バリ ハピ」が、セカオワ、AAAを押さえビルボード総合首位獲得
ビルボード週間セールスチャートをジャニーズWESTのニューシングルが制覇、2位にセカオワ
チームしゃちほこ【GIRLS’ FACTORY 15】で魅せつける徹底的な攻めの姿勢

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP