ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

荒川博氏 「清宮幸太郎は100年に1人の逸材。王の次が出た」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 創設100年記念大会となる「第97回全国高校野球選手権大会」の始球式をつとめた世界の本塁打王・王貞治氏にとっても高校野球は特別なものであり、野球の原点だという。その王氏と、王氏の師匠であり打撃コーチだった荒川博氏、荒川氏のもう一人の教え子である黒江透修氏の3人の鼎談は、1年生ながら怪物と注目を浴びている早稲田実業1年の清宮幸太郎選手の話にも及んだ。

黒江透修(以下、黒江):お元気そうで。

荒川博(以下、荒川):いやいや、今はあっちが痛い、こっちが痛いと大変だよ(笑い)。

黒江:それにしても早実は見事だったね(取材前日に早実が甲子園出場を決定)。ワンちゃんは始球式があるから良かったね。

王貞治(以下、王):0-5からの逆転だからね。荒川さんは清宮君をどうご覧になっていますか。

荒川:いいよ。100年に1人の逸材だと思う。王が100年に1人だから、やっと次が出てきたという感じ。実にいい構えをしている。ちょっと教えるとパカパカ打っちゃうだろうね。

──具体的にどこが良いのでしょうか。

荒川:彼はステップすると同時に打っているからいいんですよ。迷いがない。今の巨人の連中をご覧なさい、阿部(慎之助)や坂本(勇人)は余計なステップをするからバランスを崩している。ステップして打つのではなく、ステップする段階で打っていないとダメなんだよ。

黒江:坂本なんかもっと待てばいいのに(手を伸ばして)こんな先で打っている。誰も教えないのかな。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
収入の少ない人がお金持ちになるための「5ステップ」を解説
王貞治氏 「力を伝えるための一本足打法」という誤解への解説
4階の自宅から転落した三宅雪子議員 夫の助言で6キロやせる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP