体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【究極の聖地】まさに任天堂の聖地! 絶対に見つけられない事実上の会員制ゲーム食堂『84』

84hashi8-2

東京の某所に、まさに「任天堂の聖地」ともいうべき食堂が存在するのをご存知だろうか? 今回は特別に許可を得て、情報を掲載させてもらうことができた。

店内に入ると、そこには『スーパーマリオブラザーズ』の生みの親・宮本茂氏のフルカラーサインや、『ポケットモンスター』の増田順一氏のサイン、『ゼルダの伝説』総合プロデューサーの青沼英二氏のサインもあるのだ。さらに、グルーミーの森チャック氏のサインまである。とにかく偉人のサインだらけ!

84hashi19 84hashi15 84hashi21 84hashi22

・マリオ地上BGMの楽譜
特に驚かされるのは、ファミコン版『スーパーマリオブラザーズ』の地上BGMの楽譜(本物)が飾られている点である。これはゲーム開発当時、任天堂に所属している作曲家・近藤浩治氏が書いたもので、激しくレアなもの。

84hashi14 84hashi18 84hashi28

・堀井雄二氏の直筆スライム付きサイン
最近『ドラゴンクエストXI』が発表されたばかりだが、そのゲームデザイナーとして世界的に有名な、堀井雄二氏の直筆スライム付きサインも飾られている。

食堂を紹介する記事なのに、料理じゃなくサインの紹介ばかりしている気がするが、それほど凄いゲームの聖地、いわゆるサンクチュアリなのだ。神、いわゆるゴッド。

84hashi26 84hashi11 84hashi27

・場所の情報はいっさいナシ
気になるのは食堂の場所だが、いっさい公開できない。所在地はいっさい明かされず、グルメサイト『食べログ』にも情報はナシ。TwitterでもFacebookでも、そしてGoogle検索を駆使したとしても、場所の情報はいっさい出てこない。

84hashi16 84hashi30 84hashi13 84hashi25

・店の発見はムリ
しかも「事実上の完全会員制」で、場所を知らない人が行きたい場合は、一度行ったことがある人に同行しなくてはならない。店を見つけること自体が、ほぼムリなのである。

・絶対に見つけることはできない
『ゼルダの伝説1』の隠し階段を探すように、ひとつひとつビルの壁を押したところで見つけることはできない。『MOTHER』のように助走をつけてワープしようとしても、この食堂にはたどり着けない。ファミコンの『テニス』を使って『スーパーマリオブラザーズ』の256面に入ろうとしても、バグ技ではこの食堂には入れない。

84hashi23 84hashi12
1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy