ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃速報】ドローン少年完全復活! 真実を全て話します「泣かなかったというのは嘘」「通報は税金の無駄」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小型無人機『ドローン』を飛ばすと示唆する動画をインターネットにて配信したとして、威力業務妨害容疑で逮捕された男性が、逮捕後、「ドローン少年完全復活! 真実を全て話します」と題してインターネット生放送番組を配信した。

・ノエルの名で生放送を開始
彼はノエルというニックネームで活動しており、この日もノエルの名で生放送を開始。多くの人たちが視聴し、まさに満員御礼状態。世間の人々が、男性に対して大きな関心を寄せているのがわかる。

・マスコミに対しても不満
彼は逮捕に関して疑問視してるようで、警察に対する不満や、自身のニュースを速報として報じたマスコミに対しても不満をコメントしていた。以下は、動画で彼が語っていたコメントの一部をまとめたものである。

・男性のコメント
「逮捕については納得してないけどね。超久しぶりだな。何ヶ月ぶりだろうこれ。この日を待っていた。まじで。本当にこの日を待てた。まじで、やりたいことを出来ないってのがどれだけつらいかってことがわかった」

「出てきたのはいつとかは言わないけど、出てきてから何ヶ月かは経ってるわけよ。出てきて自分のことについて調べたんだよ。けっこうすごいよね。たかが15歳の少年が逮捕されましたよってだけじゃん。それなのに、いきなり違う番組やってるのに、上のテロップでさ、速報! 15歳の横浜市の少年が逮捕されましたって。全然速報じゃねーよって! どこが速報なのって。実際、俺と同じくらいの少年で、鑑別行ってる子は腐るほどいるからね。それで、なんで俺ばかりでっかく取り上げられるの?」

「安田さんだっけ。彼は優秀なジャーナリストになれるのではないかって言ってるけど、俺は別にジャーナリストになるつもりはまったくないです。ジャーナリストみたいな内容は取り上げるかもしれないけど、ジャーナリストになるつもりはまったくないんで」

「俺はドローンを飛ばすとは一言も言ってないんだよね。それは動画を観ればわかること。ドローンを飛ばすとは一言も言ってない。それわかるじゃん動画を見れば」

「黒幕は支援者だと言ってるけど、そんな事実はまったくありません。そんな事実はまったくありません。まったく関係ないもん。そんな黒幕だなんて事実はないもん。報道では裏でお金をあげて、警察沙汰になるのを楽しんでいるなんていってるけど、そんな事実はまったくありません。むしろ警察沙汰が起きることで喜んでいるのはアンチなんだよね」

「視聴者や再生回数を増やすためにドローンを購入したことがわかりましたなんて報道されてるけど、何も話してないのにどうしてそれがわかったの? ソースどこっていう。どこからその情報出てきたんだっていう。びっくりだわ」

「中に入っているとき、本当、誰ともしゃべれないわけよね。一人の空間だからこうやって配信で話したりとかできないから。俺このまま話せなくなっちゃうのかなと思ってたね。寂しいというわけではないけど、毎日やってた配信できなくなっちゃったなーと、ずっと思ってたね」

「泣かなかったというのは嘘かもしれない。一回泣いた。すんごい悲しいことがあった。いや本当に泣いた。しょうがないじゃん、俺本当にね、悲しかったんだよ。マジで悲しかったの」

「警察に言われた。お前みたいなのは初めてだって。どういうこと? って聞いたら、お前みたいに最後まで何も話さないのは初めてだって言われた。だいたい、お前と同じくらいの年の子は、最後になれば必ず話すのに、お前みたいなのは初めてだって言われた」

「唯一話したことは自分の弁解かな。自分の弁解だけ話したって感じ」

「通報している人たちが通報して楽しむのはいいけど、税金の無駄だよ? だって俺、何やったわけじゃないじゃん」

・警察は彼のネット生放送を監視!?
男性には男性なりの信念があり、警察との会話でも事実と違う部分はハッキリと拒絶してきたようだ。今後、彼がドローンを使用した放送や動画撮影をするのかどうか不明だが、とうぶんは警察が彼のインターネット生放送を監視していると思われる。

彼には多くのファンがおり、復活したことを喜んでいる人たちも多くいる。今後の彼の活躍に期待したいところだ。

https://youtu.be/CmQZ27Y3Otw

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/08/10/drone-noel-reborn/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP