体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メンタルの強い人が、絶対口にしない「5つの言葉」。意外なセリフが続々と・・・

15073102のコピー

Psychology Today」において、作家のAmy Morin氏が、メンタルの強い人が言わない5つのコトを紹介しています。その中では、私たちが普段口にしてしまうような、意外な言葉も取り上げられています。

1507102のコピー

私たちは時に深く落ち込み、自分の決断が正しくないと分かっていてもどうにもできない時があります。選択を正そうとするより、自分の行動を正当化する言い訳を考えてしまうのです。間違った道を進んだり、または間違いを認めずに自分を正当化しようとします。
そういう時は、自分を深く見つめてみましょう。私たちは皆、すぐに得られる満足にとらわれて衝動的に行動してしまい、リスクを見落としてしまうことがあります。ここに、メンタルが強い人が言わない5つの言葉をまとめました。

01.
「私はもっと幸せになるべき!」
→長い目で見ればマイナスに

r

友だちの恋愛話を聞いている時や、ビジネスのアドバイザーが借金をしすぎているクライアントを注意している時も、否定的な人はこう言うはずです。「私はもっと幸せになるべき!」と。
もちろん、幸せで健康な生活を送るべきですが、この言葉は長い目で見れば幸せを妨害するものなのです。
自分が幸せになりたいと思う時は、つかの間の幸せを追い求めないように気をつけてください。
ほんの短期間の喜びではなく、長期的な満足に価値を置きましょう。

02.
「すみません、これやっていいですか?」
→自信なさの表れ

故意にルールを破りたい時や、普通とは少し違うことをする時、この言葉を使いたくなってしまうもの。ですが、自分が最善のことをしていると信じているなら、なぜ許しを乞う必要があるのでしょうか?これは、事前に対立を回避するための逃げなのです。

行動を起こす前に、あなたの行動でどんな結果が起こるか、人間関係も含めてよく考えてください。強く信じているのなら、たとえそれが間違っていても後に謝罪をしない、という自信を持って前に進みましょう。

03.
「人生、一度きり」
→正当化してるだけ

r

皮肉なことにこの言葉は、崖の上から飛び降りるような時など、命の危険がある場合に使われることが多いです。または、すぐに得られる満足を​​正当化するために言われることも。例えば、ケーキをもう1つ食べるかどうか悩んでいる時とか。
豊かで充実した人生を送るには、リスクと長期的なメリットの絶妙なバランス感覚が必要です。
人生は一度きりという考えが、あなたの人生を長期的にどういった悪影響を与えるか、リスクを考えてから行動しましょう。

04.
「ただ正直に言っているだけ」
→弱さを隠している証拠

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。