ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワンコみたいなニャンコ!?毎日熱心に“ボール探し”をする猫が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Benjamin Millam猫のモンキーの日課は、ボール探しから始まる。

飼い主のBen Millamさんが出掛けたあと、さっそく今日もひとつめのボールを見つけたようだ。

あ、ボールだ!

Benjamin Millam

ゴルフボールサイズのボールを見つけると、それをくわえてどこかへ運ぶモンキー

Benjamin Millam

たどり着いたのは、部屋の片隅にある不思議なマシン…

青い容器に、咥えていたボールを入れたよう。

Benjamin Millam

あのボールをどうするのかしら、と思っていたら、モンキーはすでにご主人さまの仕事場へ移動。

そんなところに登ったら怒られるよ…

Benjamin Millam

あ、ここにもあった!

Benjamin Millam

そしてまたあの不思議なマシンのもとへ。

ボールを入れると…

Benjamin Millam

エサが出てきた!

Benjamin Millam

そうか、これは“自動餌やり機”だったんだ。

Benjamin Millam

しかもベンさんの手作りだそうで、中身はこのような仕掛けになっている。

Benjamin Millam

ボールに仕込まれた、微小な無線チップにより人や物を識別し管理する「RFID」と、継電器(Relays)、「Arduino」というマイコンボードを使用し、自力で開発したそう。

家のなかでも、決まった場所を探索する“猫の習性”と“好奇心”を活かして、毎日モンキーのためにボールを隠してから出掛けるらしい。

帰宅して、ボールの数を数えれば、モンキーがどのくらいエサを食べたか、そして楽しく遊んでいたかも分かって一石二鳥だ。

現在、海外サイトでも話題の“名探偵モンキー”の動画はこちらから。

BEN MILLAM(Monkey the Cat Hunts for Dinner)
http://benjaminmillam.com/cat-geek/monkey-the-cat-hunts-for-dinner/

猫(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。