ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その発想はなかった!梱包用のテープを使ったアートがスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

力強い視線でこちらを見つめる肖像画。

フランス生まれで現在モロッコ在住のアーティスト、Olivier Poujol氏の作品だ。

さぞ高価な画材が使われているかと思いきや…。

使用されているのは、なんと梱包用のテープ!

「シンプルなテープからこれだけの作品が生まれたことに、自分自身が驚いている」とPoujol氏は言う。

そもそも、Poujol氏が肖像画の素材としてテープを使い始めたのは、モロッコに移り住んだことがきっかけ。

モロッコ人のなんでも再利用する態度に感銘を受け、自分でもそれを実践しようとしたとき、目についたのがテープだったという。

「醜く汚れている素材かもしれないが、私を常にインスパイアしてくれる」

アーティスト魂に脱帽!

OPM Olivier Poujol de Molliens
https://www.facebook.com/pages/OPM-Olivier-Poujol-de-Molliens/705341496177986?fref=ts

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP