ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motoアプリがv3.0にバージョンアップ、ロケーションベースのトリガーを設定可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola が Google Play ストアで提供している「Moto」アプリをv3.0 にバージョンアップしました。今回のアップデートでは、Moto Assist 向けにロケーションベースのトリガーを設定できるようになり、特定の場所でタスクを自動的に実行できるようになりました。具体的には、自宅、職場、カスタム(ユーザー設定)などの場所を設定することで、そこに出入りした際に事前に登録したタスクが自動的に実行されるようになります。「Moto」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
米国のGoogleストアで「ASUS Chromebook Flip」2GB RAMモデルが発売
Cyanogenユーザーが5,000万を突破
Galaxy Note 5(SM-N920C)のパッケージデザインが流出、ワイヤレス充電対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP