ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これは涼しげ!!アーティストが陶器に描く魚がリアルすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

真夏の暑い日、ガラスの金魚鉢を泳ぐ魚に涼を得る。

インドで生まれたNiharika Hukkuさんも、そんな感性を持った画家のひとり。

ただし彼女の場合は、魚を飼うのではなく、魚の群れを描く。

中でも高い評価を得ているのは、陶磁器をキャンパスにした作品の数々だ。

Hukkuさんは語る。

「陶磁器を使うのは私にとってはごく自然なこと。私が生まれ育ったインドでは陶磁器は長い歴史を持っているし、それを生活やアートに用いることは当たり前のことだった」

12歳でインドを離れた彼女は、インドネシアやシンガポールのアーティストから指導を受けた。

アジア各地で様々な経験を積んだ彼女の作品は、日本人の感覚にもしっくりと馴染む。

公式サイトでは魚以外にも雲や鳥など、さまざまなモチーフの作品が掲載されている。

涼を求めて、一度訪れてみては?

Niharika Hukku
http://www.niharikahukku.com/
Facebook
https://www.facebook.com/NiharikaHukkuArtist/timeline

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP