ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これはステキ!火薬に混ぜる金属で表情が変わる、夏は国産の手持ち花火で!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏の夜に楽しみたい手持ち花火。日本の伝統玩具のひとつですが、販売されているほとんどの線香花火が中国産。国内で製造されている線香花火は希少なのだとか。そのなかで筒井時正玩具製造所は花火職人を育てながら、国産にこだわった花火を製造・販売しています。

こちらの工房では、手すきの和紙を天然の染料で染めた線香花火や、子どもが好きな絵を書いてオリジナルの花火を作れる「えかきはなび」など、独自の商品を制作してきました。そして今年は「金属花火」を新商品として発売。販売されるのは、チタニウムを使った「しとしと」、マグナリウムの「ぱちぱち」、アルミニウムの「さらさら」の3種類です。火薬に含ませる金属を変えることで火花の表情や色合いが変わるのだとか。まったく個性の違う花火になっているそうですよ。

含まれる金属で違った火花を楽しめる国産の手持ち花火。おしゃれなパッケージにも注目です。友達や家族と遊べば、特別な思い出もできそうですね!

筒井時正玩具花火製造所

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

これはステキ!室井滋さんの着物「富山づくし」が面白い!北陸新幹線がモチーフになってるよ
これは笑えない!花火大会で間違ってたった15秒で全部打ち上げてしまった動画
福島県産の梨を駅で飲む。エキナカ限定「和梨」リリース

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP