ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年6月の米国スマートフォン市場、Androidは51.6%(comScore調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国のネット調査会社 comScore が 2015 年 6 月までの 3 か月間にわたる米国のスマートフォン市場の統計データを発表しました。この期間の米国のスマートフォン利用者数は 1 億 9030 万人で、2015 年 3 月までの 3 か月間から 1.5% 増加しました。一方、スマートフォン率は 76.7% と、前回から 0.1% 減少しています。OS 別のシェアでは、Android が 51.6% でトップを維持していましたが、前回からシェアを 0.8 % 下げています。その一方で 2 位の iOS のシェアは 44.1% と、前回から 1.5% もシェアを上げています。Windows Phone と BlackBerry はそれぞれ 0.4% ずつシェアを下げています、メーカー別のシェアでは Apple が 44.1% でトップをキープ。前回から 1.5% もシェアを上げています。続いて、Samsung(28.1%)、LG(8.3%)、Motorola(4.9%)、HTC(3.4%)でした。2 ~ 5 位までのメーカーは前回からシェアを下げています。Source : ComScore


(juggly.cn)記事関連リンク
IFA 2015で発表されるHuawei未発表スマートフォンはForce Touch技術を採用?
Amazon Cloud DriveのAndroidアプリがアップデート、カメラロールからのアップロードやファイル・フォルダの作成などに対応
「HTC Butterfly 3」が台湾で10月に発売されるという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP