ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金田正一氏 若い選手が高級車に乗るのを批判「体を磨け!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球選手にとってマイカーはステータス・シンボル。山本昌は市価1億円とされるランボルギーニミウラ400SVのオーナーだ。中田翔や西岡剛、山崎武司など球界にランボ党は多い。

 ただプロ野球選手は高級車と縁深い分、トラブルにも見舞われやすい。中日の岩瀬仁紀は、これまで何度も車上荒らしに遭遇した。
 
「2001年には愛車のベンツからタイヤ4本が盗み取られた。惨状を見て、“バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンかと思った”という名言を吐いて話題になりました」(中日担当記者)

 そしてもう一つ、重大なトラブルといえば、交通事故がある。近年は事故に巻き込まれるのを嫌って、専属運転手をつける選手も増えてきている。最近では糸井嘉男や中島裕之、一昔前は清原和博や立浪和義らがそうだった。
 
 ちなみに球界で専属運転手をつけた草分けは、金田正一氏だとされる。
 
「ワシも初めは自分でオースチンを運転していたが、長嶋がデビューした年(1958年)に大事故を起こして死にかけたことがあってな。それ以降はトラックと正面衝突しても壊れない丈夫な車にして、自分では運転しないことにした」(金田氏)
 
 どの球団も交通事故の不祥事には神経をとがらせているが、特に親会社が交通インフラである阪神は厳しい。阪神では2013年に寮の規則が改正され、高卒新人選手のマイカー購入禁止の措置が入団3年終了時点にまで延長(それまでは2年)された。若手は野球に集中させるという意味もあるようだ。前出の金田氏が語る。
 
「賢明ですよ。最近の若い選手はすぐに高級車に乗りたがるが、そんなカネがあるなら、もっと自分の体を磨くことに使えといいたい。ワシらの時代は、どんなことも野球のためという意識があった。体を守るために頑丈な外車に乗っていたわけで、格好をつけていたわけではないからな」
 
 重鎮の声は選手に届くか。

※週刊ポスト2015年8月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
金村義明氏「選手名鑑でベンツに乗っている選手を確認してた」
76歳認知症患者の運転事故 家族含め3億円超の損害賠償提訴

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP