ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松井を5連続敬遠した投手 「観客より監督の方が怖かった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1992年夏の甲子園大会、“怪物”と呼ばれた星稜(石川)の4番・松井秀喜に対し、明徳義塾(高知)が選択したのは「全打席敬遠」だった。満員のスタンドからメガホンが投げ込まれ、「帰れコール」の雨。試合後も騒動は収まらず、宿舎には抗議の電話が殺到した。その時、マウンドに立っていたのが河野和洋氏だ。河野氏が当時を振り返る。

 * * *
 ブーイングという言葉をあの試合で初めて知りました。ただ、敬遠は馬淵(史郎)監督が勝つためにやった作戦で、私たちは指示に従った。ルール内ですから別に恥じることはないと思っています。当時は5万5000人を敵に回すより、サインを無視して監督を敵に回す方が怖かったですからね(苦笑)。

 私は背番号8。リリーフで投げていましたが、本職は外野手でした。試合の3日前に監督から呼び出され、「星稜戦の先発はお前で行く。松井は相手にしないからな」と告げられた。「わかりました」と返事したものの、「相手にしない」の意味がよくわかっていませんでした。

 試合前、今度は私と捕手が監督から呼ばれて「松井を敬遠するが捕手は座ったまま。あくまでもストライクが入らないという演技をしろ。首でも傾げておけばいい」と具体的な作戦を授けられました。敬遠のサインは監督が指を4本立てるという簡単なものでした。

 1打席目(初回)は2死三塁の場面だったので、敬遠気味の四球でも違和感なし。2打席目(3回)も1死二、三塁で問題はなかったが、1死一塁で迎えた3打席目(5回)あたりからはバレバレになった。スタンドからは「またか、勝負しろ」の怒号が飛び交い、「勝負」「勝負」の催促が沸き起こりました。

 ベンチ横でピッチング練習をしていると、ネットに顔を押し付けたおっさんに「お前死にたいんか、ぶっ殺すぞ!」と凄まれた。この時は本当に怖かった。4打席目、2死走者なしで歩かせた時もブーイングは凄かったが、最終回の5打席目に2死三塁で歩かせてピークに達した。スタンドからメガホン、帽子、ビールの空き缶などが投げ込まれ、試合が中断。星稜の部員が回収に走り、異様な緊張感が球場全体に張りつめました。

 監督も5回も敬遠することになるとは思っていなかったはずです。3点差なら勝負の選択もありましたが、本塁打1本で同点の場面。1発がある松井を歩かせる作戦は間違っていなかったと思いますが、ファンは許せなかったんでしょう。

●河野和洋(こうの・かずひろ):1974年、高知県生まれ。明徳義塾高3年時に甲子園に出場、松井秀喜を5回連続敬遠したことで話題となる。専修大を経て、現在は社会人野球「千葉熱血Making」監督。

※週刊ポスト2015年8月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
国民栄誉賞の長嶋&松井 ともに敬遠から奇縁・宿縁を生んだ
長嶋茂雄氏 敬遠に「バット持たず打席に立って抗議」を回顧
松井秀喜5連続敬遠指示の監督 「人を敬うからこそ敬遠」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。