ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイドルに大人が熱狂する理由 ライブに興奮して我を忘れる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏には様々なアイドルイベントが目白押しです。なかでも8月1日(土)と2日(日)に東京・お台場で開催された「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015(TIF)」は、出演アイドルが100組を超え観客が5万人超となり、年々、規模が拡大しています。地下アイドルでライターの姫乃たま氏が、なぜアイドルイベントが魅力的なのか、どんな楽しみ方ができるのかを紹介します。

 * * *
 今年も日本最大級のアイドルフェスティバル「TIF」がお台場で開催されました。第6回目の開催にあたる今年は、両日出演予定だった二組のアイドルグループが、初日の出演後に二日目の「出演をキャンセル」したことが話題になりました。この出演キャンセルは、事実上の出禁(※出演禁止)措置で、原因は観客によるリフトやモッシュではないかと噂されています。そのため、アイドルに疎い人たちの間でも話題となりました。

 アイドルだけでなく、もともとロック系の野外フェスティバルでも、客の上を泳ぐように移動するダイブや密集した客どうしで激しく推しあうモッシュなどは危険行為と呼ばれて、議論されてきました。ロック系だけでなく、近年ではアイドル側から観客に過激な応援を煽ることもあり、規制の声が年々強まっています。

 なぜライブに来た観客の行動が規制されるのか。なぜ規制の声や議論は止まないのか。それくらい青空の下や、熱気が渦巻くライブハウスで、好きな音楽やアイドルに触れた時の興奮は強烈だからでしょう。大人達でも我を忘れるほどに。

 無論それはそれで楽しいのですが、アイドルライブの楽しみ方はそれだけではありません。なぜいまさら、こんなに当たり前のようなことを書いているかというと、上記の出来事を受けて、アイドルに疎い人達から「アイドルライブって激しく盛り上がらないと面白くないんですか?」といったことや、「そもそも観に行ったことがない人からすると、どういう空間なのかすべてが謎」といった声まで聞かれたからです。

 私自身、なにがなんだかわからないまま、初めてアイドルのライブに行った日を思い出しました。思えばたしかに、会場に入るまで「すべてが謎」でした。地下にあるライブハウスだったのですが、歌っているアイドルとの距離が物理的に近いことに驚いたのを覚えています。

 しかし、私が最も心を奪われたのは、アイドルよりも観客のほうでした。会社帰りに急いで駆けつけた大人しそうな(多分、普段は本当に大人しい)サラリーマン達が、ヲタ芸をしているのが、とにかく衝撃だったのです。あの見たことがない全身を使った激しい動きと、ものすごい笑顔! アイドルのライブは、ファンの応援まで含めてパフォーマンスになっているので、変な話ですが、アイドルファンを観に行くのも面白いと思います。それなので、自分はヲタ芸はしないけれど周りが盛り上がっていると楽しくなる、という理由から、会場で静かにアイドルを眺めるのを楽しむ観客もいます。

 最近では、アイドルと無縁だったり、むしろ敬遠したりしていた人が、ふと熱狂的にハマってしまうことも増えています。生きる理由を見つけたとばかりに布教(自分が応援しているアイドルを周囲に広めること。CDを複数枚買って配るなど)している姿も見かけます。「すべてが謎」な人にとっては、急に知人が熱心なアイドルファンになるのもまた怖いと思います。ファンになった人に理由をきくと、ライブやイベントきっかけということが多いのです。

 まさに周囲が続々とアイドルファンになり、疑問に思っていたと話していた女性が、先日メイド喫茶に行ったそうです。その店舗にはライブ設備があって(もちろんそんなことを彼女はまったく知らなかったのですが)、アイドルがライブをしに来ていました。そのライブについて「知らない女の子でも、目の前で一生懸命歌って踊ってると、なんか泣きそうになるね」と彼女は言っていました。言葉では言い表せないものがある、とも。アイドルに冷淡ですらあった彼女の変わりように、今度は私が怖くなる番でした。

 彼女はライブ後にアイドルと撮影した2ショットのチェキを大事に定期入れに入れていました。彼女の場合、それから熱心にライブへ通い詰めるということはないようですが、アイドルのライブに出あえたことは、いい思い出になったようです。

 アイドルのライブは終演後に物販があって、たいていどのアイドルもチェキと呼ばれるインスタント写真撮影を行なっています。舞台で歌っているのを観た後に、本人と喋りながら2ショット撮影ができるのは感慨深いとファンは言いますが、アイドルにとっても、ファンと接することが出来るのは、ライブに出演する醍醐味でもあります。

 実は、私自身が初めてアイドルライブに行った日は、恥ずかしくて物販に並べませんでした。しかし、実際に自分が地下アイドルになってみると、列に並んでくれただけで嬉しく、その日のライブの感想を話してくれるだけで、とても嬉しいです。物販に来られて怒るアイドルはいませんし、多くの場合、向こうから積極的に話し掛けてくれます。

 アイドルライブの入場料は、無料のものから上は4000円程度(フェスと呼ばれる大きなイベントだともう少し価格があがります)とピンキリです。しかし、物販でのチェキの相場は500~1000円なので、入場料さえ選べば、アイドルと接触する機会はチェキの相場で得られます。メイド喫茶は基本的にチャージ料と飲食代のみで楽しめます。普通の喫茶店よりはバーのほうが価格帯は近いかもしれません。

 今年のTIFは終わってしまいましたが、アイドルのライブは平日週末問わず、いたるところ(ライブハウスだけでなく、上述のようなメイド喫茶や、普通の飲食店や、イベントスペースや……)で開催されています。夏休みのちょっと変わった思い出に、いかがでしょうか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
朝井リョウの新刊は現代のアイドル事情を鮮明に描いた長編作
950曲掲載 ジャケットだけでも楽しいアイドルディスクガイド
クリス松村が独自視点で綴ったアイドル論 特典商法に警鐘も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP