体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サーフィン界のレジェンドが製作した「ゴミからできた服」。廃棄物が最新トレンドに生まれ変わる!

生活・趣味
150806recyclableapparel1のコピー

世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言わずもがなですが、いま注目を集めている理由はこれとは別。彼がこだわり続けて製品化を実現させた真意には、海を愛する“波乗り”ならではの使命感があったようです。

1_KELLY_ECONYL_FACTORY スクリーンショット 2015-08-06 12.06.46

持続可能な製造工程で、機能性とファッション性をブレンドした「Outerknown」。スレーターはブランドコンセプトをひと言で、こう伝えています。

「既存のスタイルをぶっ壊すにふさわしいブランド。従来のサプライチェーンのフタをこじ開けるものだよ。ボクらはただ、そこにある物を使うだけ。海を漂うゴミから繊維を生み出し、持続可能な洋服をつくったんだ。途方もないことのように思えたけど、今こうして最前線に立つことができている」

デザイン担当として、ジョン・ムーアをクリエイティブ・ディレクターに抜擢。氏はメンズファッション誌『GQ』が選ぶ、2014年「The Best New Menswear Designers in America」にも選出された、気鋭のディレクター。
サーファーが海から上がった後、そのまま仕事に行ったり、レストランに入ってもおかしくない、ファッショナブルなデザインを追求したそう。

recyclable-apparel Capture One Session1613 Capture One Session2870
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会