ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サーフィン界のレジェンドが製作した「ゴミからできた服」。廃棄物が最新トレンドに生まれ変わる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言わずもがなですが、いま注目を集めている理由はこれとは別。彼がこだわり続けて製品化を実現させた真意には、海を愛する“波乗り”ならではの使命感があったようです。

持続可能な製造工程で、機能性とファッション性をブレンドした「Outerknown」。スレーターはブランドコンセプトをひと言で、こう伝えています。

「既存のスタイルをぶっ壊すにふさわしいブランド。従来のサプライチェーンのフタをこじ開けるものだよ。ボクらはただ、そこにある物を使うだけ。海を漂うゴミから繊維を生み出し、持続可能な洋服をつくったんだ。途方もないことのように思えたけど、今こうして最前線に立つことができている」

デザイン担当として、ジョン・ムーアをクリエイティブ・ディレクターに抜擢。氏はメンズファッション誌『GQ』が選ぶ、2014年「The Best New Menswear Designers in America」にも選出された、気鋭のディレクター。
サーファーが海から上がった後、そのまま仕事に行ったり、レストランに入ってもおかしくない、ファッショナブルなデザインを追求したそう。

海にリスペクトをはらうスレーターのサーファー精神が、「TREND HUNTER」の記事に見て取れます。
海に浮かぶ無数の漁網やプラスチックボトルを、世界各地で目にしてきた彼。自分にできることをやる。「海をキレイに」その目的で回収した大量のゴミを、どうにか再利用する方法があるはずと、2年に渡って温めてきたアイデアを繊維会社に持ち込み、海洋ゴミを再利用した繊維「Econyl」の開発がついに実現したそうです。

いま、世界中の海に放棄された漁網がスレーターの元に集められ、他のナイロンと混ぜ合わせて「Econyl」ができあがります。この持続可能なリサイクル生地は、Tシャツやスウェット製品をはじめ、リサイクル可能な衣類へと生まれ変わっていきます。
ちなみに「Outerknown」の洋服は、どれも着なくなった後、メーカーへと送り返すことで、また新たな服へと100%リサイクルされるそうです。モノを捨てさせない循環型のサプライチェーンにしたい。ここにもスレーターの信念が反映されているようです。

Reference:TREND HUNTER
Licensed material used with permission by BPCM

関連記事リンク(外部サイト)

女性をメロメロにする「24の方法」。恥ずかしいけど、効果はバツグン!
20代で気づくべき「100のコト」。酔った勢いでの関係は、2回まで!
スキニーを履き続けた女性を待っていたのは、4日間の入院生活

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP