ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゴミ袋の中で発見された赤ちゃんの物語。「本当の貧しさとは、愛が足りないこと」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

笑顔いっぱいのエディー君は、エクアドルで産声をあげました。ただ、彼は他の赤ちゃんとは少し違う育ち方をしました。

ダウン症だった彼は生後間もなく、ゴミ袋に入れられて捨てられてしまいました。地元の大工さんがゴミ袋を動かそうとした時に彼を発見し、孤児院に預けられました。あまり泣かない、大人しい赤ちゃんだったとか。

その後、エクアドルにたまたま訪問していたアーデン夫妻が、エディー君の里親に。「News and Record」で、当時のことをアーデンさんが語っています。

「里親として引き取った時はチャレンジの連続でした。でも一緒にいるうちにわかってきたのは、私たちの決断は正しかったということです」

さらにアーデンさんは、エディー君がどのようにして家族の一員になったのかを、インタビューの中で語ります。

「最初にエディーを見た時、この子には愛情が必要なんだなって感じました。そして今は、彼のおかげで家族の中は愛に溢れています」

この動画の最後は、このような言葉で締めくくられています。

「貧しさというのは、お腹が空いている時や、着る服がない時や家がない状況のことだと人はよく言います。でも本当の貧しさとは、人から必要とされない時や、誰からも愛されない時なのです。そして、本当の貧しさを変えられるのは、家族なのです」

「ママ、どこにいるの?」エディー君は、アーデンさんがインタビューされている時もずっと探しています。
血はつながっていなくても、愛する気持ちさえあれば、素敵な家族になれるとアーデン一家は証明してくれているのではないでしょうか。彼らの、インタビュー動画はこちらから。

この動画は、現在Musicbed Film Festという動画コンクールに出展されたもの。心が動いた人は、こちらから投票も可能です。

Licensed material used with permission by Brownrygg Woolls

関連記事リンク(外部サイト)

匿名で寄付されたウエディングドレス。そこに貼られていた「手紙」に、世界中が涙
手術中、ずっとママのそばを離れない赤ちゃんコアラ。胸がキュンとなる親子愛
前妻から後妻への「一通の手紙」。思いがけない結末に、世界中が涙・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP