ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有名企業が「夏のインターンシップ」続々締切り 3年生が「落ちすぎて辛い」と早くも泣き言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月に入り、2016年卒の大手企業の選考が解禁された。それと同時に、早くも2017年卒を対象としたインターンシップも始まっている。

経産省や環境省などの中央官庁のほか、ソニーや富士通、NTTドコモや日産自動車、アマゾン、明治安田生命、三菱UFJモルガンスタンレー、タカラトミー、森永製菓などの有名企業は、すでに夏季インターンシップの受付を締め切っている。
「選考の一環」と答える企業が42.5%にのぼる

近年、インターンシップの存在感は急速に増している。毎日新聞によると、のべ6104社が今年6月1日時点で3大就活サイトに「インターンシップの募集情報」を掲載した。この数は前年比で3割も増えている。

位置づけも以前の「会社説明会」から変化している。アイデムの調査によると、インターンを「選考の一環」と捉える企業は2015年では42.5%にのぼり、前年から10ポイント近く増加している。

就活に積極的な学生は、企業に早くからアプローチしており、ツイッターには「やっとインターン決まった テンション上がる」と張り切る投稿が見られる。2ちゃんねるの2017年卒に関するスレッドでもこの話題が交わされているが、希望する企業のインターンの選考に漏れてしまい、早くも落ち込む学生も現れている。

「インターン全落ち、慰めてくれ」
「落ちすぎて辛い」
「だんだんESすら通らなくなってきた、もう就活怖すぎる」

秋冬分を募集する企業も。チャンスは十分残っている

しかし就活の後ろ倒しで秋や冬にもインターンシップを行う企業が増えており、チャンスは十分残されている。マイナビの調査では夏にインターンを開催した企業の56.8%が秋に、74.6%が冬にも開催したと回答している。

秋冬開催分を募集する企業には、全日空や住友生命、日本生命保険、りそなグループ、ファーストリテイリング、朝日新聞社、エイベックス、ベネッセなど大手有名企業の名前が並んでいる。

その一方で、ただでさえ就活の長期化が懸念されているのに、インターンシップでさらに早期化が進めば、大学生活の大半を占める長期戦となってしまう。ずっと不安を抱えたままになったり、途中で燃え尽きたりしないようペースを調整する必要があるだろう。

あわせてよみたい: グループディスカッションでの失態が「就活掲示板」に
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP