ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

光る波を乗りこなす!世界初のエレクトリカル「ナイトサーフィン」が楽しそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015-08-07 19.53.40

世界のあらゆる波を人工でつくり出す「Wavegarden」。いわゆる人工波テクノロジーを用いた、ウェーブプールを手掛ける草分け的存在だ。サーファーたちをわくわくさせる、次なる一手は「ナイトサーフィン」。その世界観は、サーフィンを数倍楽しくする!

スクリーンショット 2015-08-07 13.39.09

最新の照明テクノロジーを採用し、変幻自在に色を変える波。ライティング開発会社の協力を得て、夜の波間の壮大なイメージを作り上げた。

今回、「Wavegarden」は、研究に研究を重ね波の下(つまりは水中)からライトアップするなど、戦略的にライティングを施し、未だかつて、サーファーたちが経験したことのない“夜の海”を再現することに成功。

スクリーンショット 2015-08-07 13.40.17

「水の下から波を照らすという、まったく新しいコンセプトに至ったんです。さらにソフトウェアプログラムを採用して、波によって光の色彩や濃淡を変えることも可能です。光の内部反射を最適化するために、角度や色合いには特に気り、最適化を計りました」

Surfer Today.com」は、この照明システム導入を予定するウェーブプールに期待を寄せる、CEOのJosema Odriozola氏の言葉を紹介している。

スクリーンショット 2015-08-07 13.40.33

実のところ、ナイトサーフィンは目新しいものではない。と言うのも、サーフィン競技は以前、まるでサッカー競技場のように照明を、海に向かってガンガン焚いて行われてきた歴史もある。
だが当然のことだが、ライトの照射エリアが狭く、波のスピードについていくのも困難。さらにはサーファーからしても、波のサイズや、形、リズムを読み取ることができないと、非難が集中。現在、国際大会で夜に開催されてる競技は、もちろんない。

スクリーンショット 2015-08-07 13.38.36

スクリーンショット 2015-08-07 13.39.59

ちなみに、動画内で華麗なるライディングを披露しているのは、元欧州チャンピオンのビンセント・ダビグナック、 ビッグウェーブライダーとして有名なナチョ・ゴンザレスら、第一線で活躍するプロライダーたち。「Wavegarden」のプレスリリースによれば、彼らも“夜の波”は初体験だったとか。

この技術が応用されれば、仕事や学校がどんなに忙しくても、ナイトサーフィンを楽しむことが可能に。日照時間が短い冬場の朝夕でも存分に楽しめそう!

Reference:Surfer Today.com
Licensed material used with permission by Wavegarden

関連記事リンク(外部サイト)

世界新記録!15歳の少年がルービックキューブを「5.25秒」で解いた瞬間
超有名サーファーが大会中にサメに襲われた瞬間!でも、パンチして撃退!?
11歳の天才MTBライダー、ジャクソンくん「5年前の動画」がスゴイ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。