体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GLIM SPANKY、Apple Store,Omotesandoでのパフォーマンスが大盛況

エンタメ

GLIM SPANKYが8月7日、Apple Store, Omotesandoで行われたLIVE SESSIONに出演した。

8月7日(金)@Apple Store, Omotesando (c)Kensuke Tomuro(okmusic UP's)

10周年を迎えたiTunes Store、そしてApple Music が提案する Summer of Music お薦めのアーティストが1週間にわたり毎晩1組Apple Store, Omotesando にてプレミアムライブを実施している同イベント。

当日GLIM SPANKYは松尾レミと亀本寛貴の二人によるアコースティックセットで登場。まずはご挨拶がわりにインディーズ時代の名曲「ダミーロックとブルース」を披露し、そこからたたみかけるようにCMで話題のジャニス・ジョップリンのカヴァー「MOVE OVER」、そしてドラマ主題歌「褒めろよ」で一気に会場の熱気は最高潮に。続く最新アルバムから「WONDER ALONE」「リアル鬼ごっこ」とタイアップで話題の楽曲を惜しみなくパフォーマンス。最後はメンバーの思い入れが一番深い曲「大人になったら」で締めくくり、想定外のアンコールにも「Flower Song」で応え、ステージを後にした。

Apple Storeという普段とは違う雰囲気の会場でライブにGLIM SPANKYは、「Apple Store,Omotesandoは天井も高く、まるで美術館で歌っているようでした。そんな中今日は特別編成のアコースティックライブでしたが、自分の声とギターが店内に響き渡り、とても気持ちいいライブができてうれしかったです!」とコメント。また、興奮冷めやらぬ会場のお客さんからは「人生初ライブだったけど、ヤバかった!」「さすがアップル!」「『大人になったら』でグッときた」などといった声がSNS上に多数寄せられた。

9月から始まる全国ツアーに向けて、まだまだ彼らの暑い夏は続く。

photo by (c) Kensuke Tomuro

8月7日(金)@Apple Store, Omotesando (okmusic UP's)
1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会