ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

頭と他人の胴体を合体させる手術 クリアすべき技術的な課題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「HEAVEN」と名付けられたそのプロジェクトは、イタリア人の神経外科医、セルジオ・カナベーロ博士が2年後に予定している画期的な手術。筋委縮が進み、自らの骨格を筋力で支えられなくなる遺伝性の難病を患うロシア人男性、ワレリー・スピリドノフ氏(30)の命をつなぐため、「頭と他人の胴体を合体させる」べく頭部を移植しようというのだ。

「HEAVEN」プロジェクトは、患者の心理カウンセリングから始まる。手術の6か月前には、自分の頭と新しい胴体が見える眼鏡を装着。そうやって心理的な拒否感を克服してから、いよいよ手術に入る。

 まず患者の頭部とドナーの体を低体温状態にしておく。頭部を切り離す際には、脊髄へのダメージを避けるためにきわめて鋭利なメスを使用。もっとも難しいのは、脳の中枢神経から伸びる神経繊維と脊髄の結合だ。これがうまくいかなければ、手や足は動かせない。カナベーロ博士はこの困難な課題に、ポリエチレングリコールという化学物質で対応できると考えている。これを脊髄に注射することで、患者とドナーの細胞をのりのように接着する計画だ。

 手術後、患者は4週間ほど昏睡状態に陥り、その間に脊髄に電気刺激を与えて頭部と胴体の神経の接合を促進する。目覚めた後は会話ができるようになり、集中的なリハビリによって1年程度で歩行も可能になるという。

 移植医療に携わる現役医師は、この移植手術がクリアしなければならない技術的な課題を次のように語る。

「血管や臓器の移植は現代医療では可能になっています。しかし体の部位ごと行う移植手術は事情がまったく異なります。神経を結合することと、機能を回復させること、その2つのメソッドが確立されている必要があります。また大脳は虚血に弱く5分でダメになる。頭部はいまだブラックボックスな部位ですからどこまで『もとの状態』を保てるかがカギです」

 手術の実現には、150人ものスタッフが必要だ。資金も1000万ユーロ(約13億5000万円)かかる。手術を引き受ける病院があるかどうかも不明。手術をする国での倫理委員会の承認も必要だ。博士は米国の病院で手術を行う予定だが、それができなければ中国での手術も検討している。

 この手術に対しては倫理的な問題も指摘されているが、カナベーロ博士はスペインABC紙のインタビューにこう答えている。

「私には何の疑念もない。死が迫っている難病患者の治療には、倫理の問題などありません。患者には、移植がなされるべき。ただそれだけです」

 仮にすぐ成功しなくとも、このチャレンジは移植医療の可能性を切り開き、人間の寿命を飛躍的に延ばすきっかけになるかもしれない。

※SAPIO2015年9月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
頭と他人の胴体合体手術の実現可能性は? 動物では実験済み
田中将大が受けるべきかで論争 トミー・ジョン手術とは何か
指の結合手術を患者に望まれた医師「超だりぃ~、超うぜぇ~」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP