ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西郷輝彦 司会は役者より効率がよいと語る関口宏と喧嘩した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 歌手から俳優へと活躍の場を広げた西郷輝彦は、多くの役者が演じてきた「遠山の金さん」を演じることになった。人気作となった遠山の金さんが主役の『江戸を斬る』で共演した俳優たちとの交流について西郷が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 西郷輝彦は1975年、TBSの連続時代劇シリーズ『江戸を斬る』で主人公の遠山の金さん役を演じた。東映京都撮影所で撮られた同作は、第六シリーズまで続く人気作となる。

「お話をいただいた時、これまでいろんな人のやってこられた金さんを見たんです。そうしたら、中村梅之助さんをはじめ、みなさん立ち回りが上手い。みんな積み重ねがあるんです。このままでは負けると思い、撮影の初日から東映剣会に弟子入りさせてもらい、早朝四時から稽古をつけてもらいました。時代劇もチャンバラも大好きでしたから、ついに本物がやれて楽しくてしょうがなかったですね。

 京都での撮影って、最初はみんな嫌がるんです。昔は怖かったですから。たしかに映画が好きな人しかいない所なので、中途半端な気持ちで行くとこっちがやられてしまう。でも、一度入ると素晴らしいんですよ。

 京都では、何事も真面目にちゃんとやらないと駄目です。わらじも付き人にやらせず、自分で履くようにしました。わらじも、初めは慣れないと痛いんです。それが段々と結び方の加減が分かってきて、履けば履くほど馴染んでくる。京都の人たちも、それは一緒なんです。

 立ち回りは一回の撮影で百カットくらいありました。毎回六十人くらい斬った気がします。ただ、同時には斬りかかっては来ません。それに真剣を使うわけではないので、ある意味では踊りだと思います。やはり綺麗に美しくやった方がいいですし。ですから、剣道が上手いからといって立ち回りが上手いというわけではないんです」

『江戸を斬る』第四シリーズからは同心役で関口宏がレギュラー出演、飄々とした芝居で物語を盛り上げていた。

「関口さんの芝居は好きでしたね。飾らなくて、気取らなくて、大袈裟にしなくて、そのまんまの自分の地でやっている感じで。ただ、番組の途中くらいから『TBSでクイズ番組の司会をやるんだ』って。それが『クイズ100人に聞きました』でした。
 
 僕は『それもいいけどさ、あなたは役者なんだから、ちゃんと帰ってこなきゃ駄目だよ』と言ったんです。ところが彼は『効率が違うんだよ。雨が降っても風が吹いても、スタジオの中だから時間通りにやれるんだ。二本撮りするのに、ドラマは何日かかる。短くても一週間だよ。効率が悪いんだ』とニコッとしながら言う。それで喧嘩したこともありました」

『江戸を斬る』には毎回を通しての悪役が登場、第二シリーズは金田龍之介、第三シリーズは成田三樹夫がこれを演じた。

「金田さんは気さくな方でした。普通に芝居していたのにカットがかかると途端に『今度、ご飯行こうよ』って。成田さんはクールで口を利かない方でした。冗談も言わず、ジッと座って。その姿がカッコいいんですよ。

 お二人とも色っぽかった。昔の俳優さんって、ワルほど色っぽいんです。いい男、綺麗な男がワルをやっていました。ワルなんだけど、生まれつきのワルには見えない。ですから、ファンもいっぱい付いていました」

■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(ともに文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2015年8月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
謎の美女・新シリーズ「美咲の森」 憂いに溢れた美咲の横顔
生粋の京都人が見て・食べて楽しい7つの散歩道を紹介した本
彼女が振り返った瞬間、目が合った。この瞬間は僕だけの美咲

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP