体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【映画クロスレビュー】過去最高のアクション! でも男前すぎないトムがイイネ!『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』

エンタメ 映画
sub3_large

世界中誰もが認める伊達男、イーサン・ハントが帰ってきた! 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』が現在超人気公開中です。常に新しいアクション、ドラマ、そして“インポッシブル”な任務を更新し続ける『ミッション:インポッシブル』の最新作を映画ファン達はこう観た!

映画クロスレビュー『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』

【ストーリー】
CIAやKGBをはじめとする各国の元エリート諜報部員が結成した無国籍スパイ組織“シンジケート”の暗躍により、イーサン・ハント(トム・クルーズ)の所属するIMFはまたしても解体の危機に陥る。情報が交錯し、世界の危機が迫り来るなか、イーサンと彼のチームは、史上最強の敵を潰すべく、究極の諜報バトルを繰り広げる……。

監督:クリストファー・マッカリー
製作:トム・クルーズ
J・J・エイブラムス

イーサン・ハント:トム・クルーズ
ウィリアム・ブレント:ジェレミー・レナー
ベンジー・ダン:サイモン・ペッグ
イルサ・ファウスト:レベッカ・ファーガソン
ルーサー・スティッケルビング・レイムス

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』公式サイト
http://www.missionimpossiblejp.jp

sub1_large

夏休み後半ファミリーでも安心して楽しめるアクション大作/ふかみん(深水英一郎)

新作「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」を観てまず思ったのは、ファミリーでも楽しめる作品だな、ということでした。

作品中いくつか複雑なミッションもありましたが、基本的にはアクションシーン満載のスリリングな作品です。過激すぎる要素も特にありませんでした。「今どんな指令が出てるのか」必要な補足などしてあげれば小学生低学年でも大丈夫。最後までハラハラできます。

そしてなによりファミリーで楽しむのに重要なポイント。これまでのミッション:インポッシブルシリーズは、どの作品にも「セクシー要素」がきっちり入ってましたが、今回はそれがほとんどありません。親子で気まずい思いをすることなく最後まで観ることができます。こういったスパイアクション映画には、なんでかわかんないんですけど、そういうシーンがつきものなんですが、それを極力抑えたのは英断だと思いました。そういうの専門のコンテンツは世にあふれてるんだから観たい人はそっちを観ればいいわけで。ヒロインであるイルサ・ファウスト役のレベッカ・ファーガソンはとても美しいのですが、バイクでのチェイスシーンなどめちゃめちゃかっこよくて、バイクが似合うタフな女性スパイという印象です。

1 2 3 4次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会